成人男性が感じる身体の不調は、1位「疲れやすい」 2位「肩凝り」 3位「花粉症」

@Press / 2013年7月18日 14時30分

健康食品メーカー/株式会社サン・クロレラ(本社:京都市下京区)はインターネット調査会社マクロミルに委託し、2013年6月19日~20日の2日間に全国の20~60代の男性を対象とした、「健康状態に関する意識調査」を実施いたしました。

URL: http://lab.sunchlorella.co.jp/research/research_06.php


【調査結果のサマリー】
<Q1.40代を境に体の不調を感じている人が半数以上に。>
20代~60代の男性に現在の健康状態について尋ねたところ、全体の44.7%が「健康だ」と感じていることが分かりました。その反面、「病院に行くほどではないが、不調を感じている」と答えた方が、29.7%。「持病・不調を持っており病院などで改善・治療を行っている」と答えた方が25.6%、合わせて55.3%となりました。成人男性の半数以上が、現在の健康状態に不調を感じているという結果になりました。

1) 現在の健康状態
1.健康だ(特に不調はない)                 44.7%
2.病院に行くほどではないが、不調を感じている       29.7%
3.持病・不調を持っており病院などで改善・治療を行っている 25.6%


<Q2.3年以上健康診断を受けていない成人男性は約2割。>
20~60代の男性のうち3年以内に健康診断を受けているのは約8割でした。「職場や学校などの指導で受けている」という回答が半数以上の55.3%、「自治体などの健康診断サービスを利用している」が11.3%、「自主的に病院で検診を受けている」という回答が、約11.7%。また、「ここ3年以内には受けていない」「受けたことがない」という回答も併せて2割となりました。

2) 3年以内の定期的な健康診断の受診状況
1.職場や学校などの指導で受けている      55.3%
2.自治体などの健康診断サービスを利用している 11.3%
3.自主的に病院で検診を受けている       11.7%
4.受けたことはあるが、最近(3年以内)ではない  11.8%
5.受けたことがない               9.9%

「職場や学校などの指導で定期的な健康診断を受けている」という回答は、20代から50代の幅広い年代でもっとも多い回答となりました。この結果は女性よりも高い水準となっており、職場での健康診断の環境が整っている方が多いと思われます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング