MPayMe Limited社との資本・業務提携に関するお知らせ

@Press / 2013年7月19日 15時30分

 ビリングシステム株式会社(所在地:東京都千代田区、代表者:江田 敏彦、以下 当社)は、2013年7月18日開催の取締役会において、MPayMe Limited社との間で、資本提携を行うことを決議いたしましたのでお知らせいたします。
 また、2013年4月11日に公表しておりますが、当社は同社との間で、業務提携契約の締結もしておりますので合わせてお知らせいたします。


1. 資本・業務提携の理由

 当社は、グローバルオフィスを香港に置き、QRコードをベースとした決済ソリューション「znap」を提供するMPayMe Limited社(Group CEO:Alessandro Gadotti)と、日本におけるサービス展開について業務提携契約を締結し、日本国内において「znap」モバイルアプリケーションを共同で展開するべく準備中でありますが、今回の資本提携により更なる関係強化を図るものであります。
 また当社とMPayMe Limited社は、2013年8月開催予定のMPayMe Limited社の臨時株主総会において、当社から取締役1名を候補者として選任する議案を上程することに合意しております。


2. 資本・業務提携の内容等

(1) 業務提携の内容
 今回の業務提携により、決済、マーケティング・販売促進、クーポン、ポイント管理、入退室管理等に活用できる、スマートフォンを使ったモバイルアプリケーション「znap」の日本国内における販売と、決済インフラの提供を図るものです。利用できる決済手段は、クレジットカードをはじめ、銀行振込や口座振替等です。当社がこれまでに蓄積した決済ノウハウを最大限活用し、様々な機能を盛り込むことで、ユーザーの利便性を高める計画としております。
 また、「znap」は、販売者が示すQRコードを購入者のスマートフォンのアプリで読み込み、決済するという方式をベースとしており、販売者側で特別なインフラ機器の導入を必要とせず、店頭販売のみならず、ネットショッピング、ポスター・カタログを用いた販売等、様々な利用シーンでの活用が可能です。
 セキュリティ面でも、センター・サーバーはもちろんのこと、スマートフォン側にも独自の最先端技術を導入し、ユーザーの利便性を維持しながら高い安全性を実現しています。
 「znap」は、北米、ヨーロッパ、日本を含めたアジアで販売し、グローバルベースのサービス展開を行う予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング