介護保険事業を支援する自治体向けシステム「トリトンモニターV1.2」を開発

@Press / 2013年7月19日 9時30分

株式会社千早ティー・スリー(所在地:東京都豊島区、代表取締役:谷口 仁志)は、自治体向けの介護保険事業を支援するシステム「トリトンモニターV1.2」を開発しました。


■「トリトンモニターV1.2」の概要
「トリトンモニター」は、介護保険制度の保険者(自治体)向けの「介護保険事業運営総合支援システム」です。
以前のバージョン(V1.1)のシェアが、1割を超えていますが、本バージョンのリリースにより更にシェア拡大を予定しています。
介護保険の認定情報(状態像)と給付の実績情報(種類と明細)を突合して分析できます。
次々に蓄積されてくるこれらのビッグデータを詳細に分析し、総合的に介護保険事業運営支援ができる日本で唯一のシステムです。
また、多くの保険者の介護給付適正化事業において、少ない業務負担で、確実な成果を出しています。


■システムの特徴
(1)認定情報(状態像)と給付の実績(種類と明細)を突合して分析できます。
(2)蓄積されたデータから需要・供給指標が月と年度でチェックできます。
(3)ケアマネ・支援事業者・提供事業者の適正チェックが行えます。
(4)予算と実績の管理が行えます。
(5)需要予測シミュレーションが行えます。
(6)分析に必要なルールやパターンが予め豊富に格納されています。
(7)表計算ソフトに連動して、作表やグラフ化が自動的に行われます。
(8)保険者単位だけでなく、地域に着目した分析が可能です。


■関連URL
会社案内サイト: http://www.chihaya-t3.co.jp/
商品説明サイト: http://chihaya.vianet.jp/product/


■会社概要
社名 :株式会社千早ティー・スリー
所在地:〒171-0033 東京都豊島区高田3-18-9 Maliビル2階
代表 :代表取締役 谷口 仁志
設立 :1997年8月19日
資本金:40,000,000円

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング