メガネのパリミキが展開するスキンケア化粧品シリーズ「夢美草」がリニューアル。「新・夢美草」7月19日にデビュー ~奥出雲の温泉水を使用~

@Press / 2013年7月19日 15時0分

「新・夢美草」
株式会社三城(東京都港区港南4-1-8、代表取締役社長:加賀 純一)は、スキンケア化粧品シリーズを展開しております。2010年11月発売開始のオリジナルブランド「夢美草」がパッケージも中身も一新し、7月19日(金)リニューアルデビューします。 http://paris-miki-cosme.jp/skincare01/


◆もっとうるおう、もっと輝く。
― 自然力は素肌力。進化した自然の恵み ―
自然のミネラルを含んだ温泉水と日本各地の天然由来成分。厳選した美肌成分が美しさを呼び覚まし、うるおいとハリに満ちたピュア肌へといざないます。

<神話の国「奥出雲」の天然温泉水>
古来より美肌をつくるといわれてきた温泉水。なかでも、美肌湯の郷として知られる奥出雲の天然温泉水*をたっぷりと配合。「天然のスキンケア」とも呼ばれる自然のミネラルが、肌トラブルや年齢サインに負けないすこやかな肌へと導きます。

<「日本」にこだわった天然由来成分>
自然力に着目し天然由来成分を日本各地から厳選。ミネラルやアミノ酸を豊富に含む北海道のシラカバ樹液*、ふっくらとしたハリのある肌へと導く沖縄のゲットウ葉*をはじめ、高いエイジングケア※効果が期待される国内の天然由来成分を配合しました。
※年齢肌に応じたお手入れのこと
*保湿成分

http://www.atpress.ne.jp/releases/37243/1_1.jpg


◆「新・夢美草」商品ラインナップ
美肌の高みをめざすスキンケアシリーズ。
http://www.atpress.ne.jp/releases/37243/2_2.jpg


◆奥出雲の温泉水に変わりました
この度、夢美草成分の1つである水分を「知床の海洋深層水」から三城のルーツである奥出雲の「温泉水」に変更しました。奥出雲にある佐白温泉※の温泉水を使用した「夢美草」は、パッケージの成分表示にも「温泉水」と明記されております。

奥出雲地方の温泉は、古くから美肌の湯として知られています。新・夢美草は化粧品の製造において通常配合される精製水に替えてこの温泉水を用いており、美容効果(保湿)が高まる事が期待されます。
「水道水はサビるが、温泉水はサビない」という実験も行いました。

※奥出雲町にある温泉「佐白温泉 長者の湯」。温泉の成分は、炭酸水素ナトリウム、炭酸イオンなどが豊富に含まれ疲労回復効果のほか、硫酸化イオン成分が多く含まれる高アルカリ単純温泉(PH9.8)で、美肌効果に大変優れています。


◆イメージカラーはグリーンから紫へ
いままでの夢美草のイメージカラーは白樺をイメージしたグリーンでしたが、この度奥出雲の空「彩雲(虹がかかった雲)」をイメージした「紫」に。神話のふるさと、奥出雲のイメージとしてピッタリな色へ変更いたしました。

※イメージの元となった神話のふるさと奥出雲の空
http://www.atpress.ne.jp/releases/37243/4_4.jpg


その他の三城の商品のご紹介
http://www.paris-miki.co.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

商品ラインナップ佐白温泉奥出雲の空

@Press

トピックスRSS

ランキング