“稼ぐ”海外インターンシップ!?「Global Business eXperience(GBX)」をフィリピンにて実施

@Press / 2013年7月26日 10時30分

GBX記録画像1
メディア総研株式会社(本社所在地:福岡県福岡市、代表者:代表取締役 田中 浩二)は、ビジネス体験を英語で行う海外短期インターンシップ講座「Global Business eXperience(以下 GBX)」を2012年6月25日から7月1日の間に実施しましたことをご報告します。
「GBX」URL: https://www.mda.ne.jp/global/index.html


【「GBX」とは ~ボランティアとは一線を画す“稼ぐインターンシップ”~】
「GBX」は、海外語学学校などが行う海外インターンシップの実態が“ボランティア”止まりになりがちであるのに対し、実際にビジネス体験を英語で行うプログラムになっています。現地で、自らあの手この手でアピールしてインターンシップ先(実習先)を開拓することがミッションになっているので、大きな達成感を得ることができるのが特色です。


【今回インターンシップ概要】
グローバル人材の育成のため経済成長が著しい東南アジアのフィリピンでビジネスの原点を体験することを目的としていました。全国より学生7名(慶應大・神戸大・金沢大ほか)及び社会人1名のインターン生8名と、日本からはファシリテーターとして野田 浩平氏(東京工業大学、フェリス女学院大非常勤講師、株式会社ココロラボ代表取締役)が参加しました。

日時:2012年6月25日~7月1日
場所:フィリピン(セブ島)


【ミッション】
“フィリピン現地人で賑わうオールドマーケットの店舗で、店主からビジネスのヒアリングをし、その店舗の協力を得てビジネスを遂行する!”

一番困るのは言語です。フィリピンは、アジアを代表する英語公用語国でビジネス英語指数も世界No.1のスコアを3年連続で記録していますが、全ての店主が英語を話せる訳ではないので、売らせてもらう交渉は、周りにいる英語が話せる現地人の協力を引き出すコミュニケーション力も必要になります。

現地ビジネスのリサーチと実行というミッションを実行できるようになるためにまず、現地でビジネスを行うのに必要な英語及び現地語のトレーニングを、フィリピン人講師より2日間受けます。そしてグローバルに活躍できる人材の要件を考え、起業論やマーケティング、財務など世界共通のビジネスの基礎をMBA(経営学大学院)のコースのように教えるレクチャーとディスカッションを行います。

ビジネス実行後は、ミッション報告のプレゼンテーション、そして英語によるレポーティングを行いました。その様子は、最近話題のTEDやスティーブ・ジョブズのプレゼンを彷彿とさせるレベルのものとなりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング