富士通「わんダント」調べ「愛犬の散歩がきっかけの恋愛経験あり」8人に1人

@Press / 2013年7月19日 10時0分

グラフ1 愛犬の散歩がきっかけの恋愛経験があるか
富士通「わんダント」( http://www.wandant.jp/ )は、2013年6月21日~25日の5日間、犬を飼っている20歳以上の男女を対象に「愛犬のストレスと健康に関する調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により実施し、1,000名の有効サンプルを集計しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)


◆ 愛犬の健康管理のため「写真を撮ってチェック」4割強、「ブログに生活記録」1割強
◆ 20代愛犬男子の6人に1人がネットワークカメラで愛犬を見守っている
◆ 夏の猛暑による心配ごと「愛犬の熱中症」6割半、「脱水症状」や「寄生虫」は4割台
◆ 4人に1人が「夏の猛暑で愛犬のストレスが心配」、愛犬ブロガーでは3人に1人

犬を飼っている20歳以上の方(全回答者:1,000名)に対し、愛犬の体や心の不調に気づいてあげるために行なっているチェックやケアを聞いたところ、「鳴き声・しぐさ・行動をチェックする」方が88.4%、「排泄の回数や量・排泄物をチェックする」方が81.9%となりました。普段の行動や排泄物から異変を感じ取ろうとしている飼い主は多いようです。また、「ケータイやスマホで写真を撮ってチェック」する(42.2%)方や「ケータイやスマホで動画を撮ってチェック」する(29.1%)方、「ブログに生活記録をつける」(11.9%)方など、愛犬の様子を記録に残している方も一定程度みられました。写真や動画を記録に残すのは思い出として記録をしているだけではなく、愛犬の健康状態を振り返られる形で管理したい狙いもあるようです。特に、記録関係の項目は若い年代ほど割合が高くなり、「ケータイやスマホで写真を撮ってチェック」は20代の半数近く(48.1%)、「ネットワークカメラ経由で外からも見守る」は20代男性飼い主の6人に1人(15.8%)が実施していました。

また、夏の猛暑における愛犬の健康について心配していることを聞いたところ、「熱中症」が最も多く(63.7%)、次いで「脱水症状」(41.2%)や「ノミやダニ等の寄生虫」(40.1%)が4割台で続きました。飼い主にとっては平気な暑さでも、ワンちゃんの居る地表近くは気温が高く、またアスファルトの上などでは太陽の照り返しで体が熱せられたりもします。汗で体温調節ができないワンちゃんは暑さに弱いため、十分に気を配ってあげて欲しいものです。
また、飼い主の4人に1人(23.2%)が、暑さによる「ストレス」が心配と回答しており、愛犬の生活記録をブログに綴っている“愛犬ブロガー”(119名)はその割合がさらに高く、3人に1人の割合(34.5%)となっています。愛犬家にとって、ワンちゃんの精神面での健康も重大な関心事であるようです。

@Press

トピックスRSS

ランキング