.net 開発環境下での帳票作成ツール「Reports.net Ver 6.4」リリース

@Press / 2013年7月26日 9時30分

帳票デザイン画面
有限会社パオ・アット・オフィス(本社:千葉県習志野市、代表取締役:村井 誠)は、Microsoft .net開発環境下での帳票作成ツール「Reports.net Ver 6.4」を2013年7月26日にリリースしました。
製品サイト: http://www.pao.ac/reports.net/


今回リリースした「Reports.net Ver 6.4」は、業務系アプリケーション開発を自ら生業としているパオ・アット・オフィスが、同じ開発者の目線で設計・開発した、これまでの.net帳票ツールの弱点をカバーした製品です。
日本の帳票に要求される機能を盛り込み、.net開発者の皆様の開発および運用における使い勝手を最優先に考慮しました。


【今回のバージョンアップ内容】
◆Windows 8/ .net framework 4.5 / Visual Studio 2012 対応
1.Reports.net のデザイナー/エンジン
2.各サンプログラム
3.インストーラ
上記、1~3において Windows 8 / .net framework 4.5 / Visual Studio 2012 に対応しました。


◆PDF 出力の機能改善
1.ユーザ定義(Custom)サイズ出力対応
これまでReports.netで対応しているPDFファイルの用紙サイズは、A3、A4、A5、B4、B5のみでした。
今回バージョンアップで、「任意サイズ(ユーザ定義)」のPDF出力用紙サイズに対応しました。

2.点線・破線対応
これまでPDF出力は、(Reports.net仕様の)固定幅の点線、及び、破線にしか対応しておりませんでした。
今回リリースで、通常の印刷・プレビューと同様に自在な点線や破線を出力できるようになりました。具体的には、一点鎖線・二点鎖線・カスタム(自在)に対応しました。

※カスタム(自在)は、点線や破線の幅や間隔を指定して、自在な点線・破線を描画する機能です。「線種」プロパティに「点線間隔カンマ区切指定」を指定してください。
画面キャプチャ( http://www.pao.ac/reports.net/images/tensen.png )を参考にしてください。
「点線間隔」プロパティの詳しい仕様につきましては、System.Drawing.Pen.DashPatternプロパティと同様です。


◆印刷プレビュー画面カスタマイズ機能追加
1.ツールバーの機能追加
このツールバーとは、「開く/印刷/次頁/前頁」等の機能を割り付けたボタン群です。
ツールバーのアイコン画像は、32×32の大きなアイコンしか用意しておりませんでした。
今回の機能追加で、16×16の小さなアイコンに切り替えることができるようになりました。また、アイコン画像の下の「開く/印刷/次頁/前頁」等のテキストを非表示にする機能も加えました。
両機能とも、プレビュー画面上、または、プログラムのプロパティにて切り替え可能です。プロパティでの切り替え方法は以下のコーディング例を参考にしてください。

@Press

トピックスRSS

ランキング