スマートフォンのイヤホンジャックに装着!ポケットサイズのUHF帯RFIDリーダライタを発売

@Press / 2013年7月26日 11時0分

正面図
 RFIDを始めとしたモバイルソリューションを展開する、株式会社東北システムズ・サポート(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:伊藤 隆充、以下 TSS)は、スマートフォンやタブレットのイヤホンジャックに装着してICタグの読み取りを可能にするポケットサイズの新型UHF帯RFIDリーダライタ「ARETE POP」(A100-J)を、7月26日より受注を開始いたします。


 本製品は、スマートフォンやタブレットのイヤホンジャックに装着する、コンパクトなUHF帯RFIDリーダライタです。本体のアンテナ部分を1m先のICタグに向けるだけで、読み取った情報をアプリでリアルタイムに確認することができます。
 従来の持ち運び可能なUHF帯RFIDリーダライタは、ハンディターミナルのような業務用PDA一体型が一般的ですが、本製品は非常に軽量小型であることに加え、Android OSを搭載したスマートフォンやタブレットはもちろん、iPhoneやiPadといったiOS端末に接続できるため、業種業態を問わずさまざまなビジネスシーンにおいて手軽にRFIDを活用することができます。
 本体の希望小売価格はオープン価格で、今後2年間で2万台を販売目標としています。


◆製品概要
【製品名】ARETE POP
【型番】 A100-J
【URL】  http://www.tss21.co.jp/rfid/aretepop/
【主な製品仕様】
1.RFID      :920MHz帯対応、特定小電力200mW 最大23dBm
2.対応プロトコル :ISO 18000-6C、EPCglobal Class1 Gen2
3.接続可能OS   :Apple(R) iOS6.0またはAndroid(TM) 2.3.3以上
4.インターフェイス:3.5mmステレオイヤホンジャック
5.重量・寸法   :30g 51mm×50mm×15mm
           (W×L×H、プラグ部分を含まず)
6.付属品     :・独自アプリケーションを開発するためのSDK
           (ダウンロード提供)
           ・USBケーブル
           ・ユーザーガイド


◆適用範囲
1.アパレル・小売業:検品業務、在庫確認、店舗間移動、
           バックヤードの棚卸業務。
2.流通・物流   :トレーサビリティ、
           パレットやコンテナの検品業務など。
3.学校・企業   :資産管理、貸借管理、棚卸、セキュリティ対策に。
4.医療・福祉   :院内在庫管理、棚卸、所在確認、紛失防止対策など。
5.不動産・金融業 :鍵の保管管理、文書管理、メディア管理、
           機密情報管理など。
6.その他     :各種イベント、作業指示書、設備保守点検、自動点呼、
           個体探索など。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング