首都高の渋滞のピークは11時と18時 上手に避けて、夏の行楽を楽しもう!『渋滞スマートドライバー計画2013』キャンペーン開始

@Press / 2013年8月1日 10時30分

夏は渋滞の谷間を走ろう
コミュニケーションの力で首都高の事故を減らす「東京スマートドライバー」プロジェクト(発起人:小山薫堂、賛同者数 約123,000人、以下「東京スマートドライバー」)は、行楽シーズンで渋滞が増加する8月1日(木)から9月30日(月)までの60日間、低速走行時の交通事故を減らすキャンペーン『渋滞スマートドライバー計画』を実施します。年間を通して、8月と3月は特に渋滞が多く、また、1日の中では11時頃と18時頃に特に集中しています。こうした傾向や道路の状況を事前に把握することにより、安全なドライブを心がけていただくのが目的です。
また、低速走行時の交通事故の原因は、心理的な「イライラ」や身体的な「眠気」などから引き起こされることが多いと言われています。そこで、渋滞に巻き込まれた時に車内の雰囲気をリフレッシュするための音楽やゲームなどのコンテンツを展開し、ドライバーの気持ちを変化させることにも挑戦します。


【渋滞スマートドライバー計画2013】
■期間
2013年8月1日(木)~9月30日(月)

■キーメッセージ
肩の力を抜いて、リラックス、リラックス。

■低速走行時の交通事故を防ぐコンテンツ
「キャンペーンサイト」
東京スマートドライバーホームページ内に特設ページを設置。SNSと連動して渋滞関連のデータや、事故を防ぐ走り方などを紹介します。
URL: http://www.smartdriver.jp/jutai2013/

■主なメニュー
・MUSIC SMART DRIVER
音楽の力でドライバーの気分を変えられるのではないかとのアイデアから、ミュージシャンや、デザイナーなど様々なジャンルの方々に、渋滞のイライラを解消する曲など、交通事故を減らすテーマに合わせたプレイリストを伺っていきます。そのプレイリストをウェブ上に公開することで、誰でも気軽に交通安全に参加してもらうことを目的にしています。

・渋滞を楽しむためのダウンロードツール
イライラして話が弾まなかったり、携帯電話に夢中になったりと渋滞中に車内の雰囲気が悪くなることを避けるべく、会話を盛り上げるサイコロ「話ダイス」や、運転中に携帯電話をいじらない様にする「待ち受け画像」を配信して、車内の雰囲気を改善していきます。

・渋滞予測カレンダー
8月1日からは首都高が作成する「渋滞予測カレンダー」を公開します。出発前にこのデータをチェックすることで、渋滞に遭遇せずにドライブが出来ます。
URL: http://www.shutoko.jp/news/2013/data/08/01obon


【「東京スマートドライバー」について】
コミュニケーションの力で首都高の交通事故を減らすプロジェクト。
「東京スマートドライバー」は、小山薫堂が発起人となり立ち上げたソーシャルブランドです。
URL: http://www.smartdriver.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

8月から9月末まで実施! 事故が減るプレイリスト 渋滞のイライラ解消ゲーム

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング