NHK Eテレ(教育テレビ)「おかあさんといっしょ」の人気コーナー『ともだち8にん』の絵本を電子化!絵本アプリ「こえほん」で配信開始

@Press / 2013年8月6日 13時0分

『ともだち8にん』イメージ画像
 株式会社アイフリーク ホールディングス(東京証券取引所JASDAQ:証券コード:3845)の子会社である株式会社キッズスター(以下、当社)は、絵本アプリ「こえほん」で『ともだち8にん』(株式会社NHKエデュケーショナル(以下、NED)と株式会社講談社(以下、講談社)が共同製作したアニメ)の絵本を2013年8月6日(火)から配信いたします。

<『ともだち8にん』イメージ画像>
http://www.atpress.ne.jp/releases/37708/1_1.jpg


 『ともだち8にん』は、NHK Eテレ(教育テレビ)で毎週月~土曜日に放送中の幼児番組「おかあさんといっしょ」の人気コーナー。全部で9人の個性豊かなキャラクターが登場し、こんな子いるいる!こんなことあるある!と感じられるような3、4歳児の日常の姿を描いています。今回、当社は講談社より発売中の絵本『おともだち おでかけミニブック ともだち8にん』全9冊を初めて電子化。「こえほん」ならではのよみきかせ音声を加えることで、キャラクターの持つ世界観をさらに引き立てた作品になっております。


■『ともだち8にん』とは
 3歳児を中心にした子どもたちの、日常行動やエピソードを丹念に取材、収集することから生まれた待望のオリジナルアニメ「ともだち8にん」。毎回の主人公と、そのともだち8にん、合わせて9にんの登場キャラクターが、いきいき描き出す「こんな子、いるいる!」「そういうこと、あるある!」の共感の世界。ある時はぶつかりあいながら、ある時は励ましあいながら、子どもたちはたくましく、それぞれの居場所を見つけていきます。かわいらしく愛らしい9人のキャラクターは、子どもたちの心とひとつになって、子どもたちとその親の両方を、勇気づけてくれるはずです。一人じゃないんだ、人と違っていてもいいんだ、という力強いメッセージとともに、人と人がつながっていくことの大切さを楽しく伝える作品です。


■作品概要
おともだち おでかけミニブック「ともだち8にん」
キャラクター原案:長谷川 義史
絵       :堀口 忠彦 株式会社エッグ
ストーリー   :日暮 真三(協力 床屋かなぶん)
制作協力    :NHKエデュケーショナル
(C) NHKエデュケーショナル・講談社

対象年齢:2歳~
販売価格:iOS/Android:250円

全9冊(1冊2話収録)

<おともだち おでかけミニブック「ともだち8にん」イメージ画像>
http://www.atpress.ne.jp/releases/37708/2_2.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング