モバイルユーザーのヒートマップ解析『ClickTale(R) Touch』を使った世界トップ保険会社の解析事例を掲載

@Press / 2013年8月7日 12時0分

次世代型ヒートマップツール「クリックテール」の販売を行う株式会社ギャプライズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:甲斐 亮之、以下 ギャプライズ)は、モバイルユーザーの指の動きを可視化する『ClickTale(R) Touch』(クリックテール・タッチ)の解析事例を新たに掲載したことをお知らせいたします。

LINK4社 事例URL: http://www.ctale.jp/link4.php


■掲載について
いままで、特に2012年から2013年にかけて、WEBサイトにおけるスマートフォンユーザーのアクセスが増える一方で、スマートフォンユーザーがどのようにWEBサイトを利用しているかを可視化することが難しく、そのユーザー行動は可視化しにくいものでした。しかし、『ClickTale(R) Touch』の登場により、いままで以上の可視化が可能になったため、モバイルユーザーの解析事例の掲載を行いました。

今回、掲載した事例はポーランド企業のLINK4社で、携帯やインターネットから自動車保険を販売する初めての会社として、2003年1月からサービスを開始した会社です。
『ClickTale(R) Touch』を使用してとらえた、タッチやスクロールなどのモバイルユーザー行動を活用した解析結果をこの度掲載いたしました。


■今回の解析で明らかになったこと
1.モバイルユーザーはデスクトップユーザーよりも、リンクが付いていない写真でも多くクリックする。

2.モバイルユーザーはテンプレートページを使っていると、ページが遷移していることに気がついていないユーザーが多く存在した。

3.モバイルユーザーにとって、フッターが重要である。


詳しくは下記のサイトに記載しております。
LINK4社事例URL: http://www.ctale.jp/link4.php

また、ギャプライズでは定期的にサイトのユーザー改善事例を公開して参ります。


■ClickTale社について
ClickTale社は顧客エクスペリエンス解析のトップ企業で、ウェブ解析や使用性の最適化、コンバージョン率の最適化も得意としています。特許を取得したCustomer Experience Visualization(顧客エクスペリエンスの可視化)技術では、ユーザーの実際のオンラインエクスペリエンスを見ることができます。包括的に確認できるヒートマップや、ユーザーのマウスの録画ビデオなどがあります。ページの推移を解析する従来の解析プラットフォームとは違い、ページ内での顧客エクスペリエンスを見ることができます。「クリックテール」は企業向けのSaaSソリューションで、簡単に実装でき、ROI(Return On Investment)を向上させることができます。Fortune 500の企業を含む、世界で80,000社以上が使用しています。

「クリックテール」公式サイトURL: http://www.ctale.jp


■会社概要
社名 : 株式会社ギャプライズ
所在地: 〒101-0021 東京都千代田区外神田2丁目17番3号 アヤベビル4F
設立 : 2005年1月27日
代表者: 代表取締役社長 甲斐 亮之
URL  : http://www.gaprise.com/
「クリックテール」公式サイトURL: http://www.ctale.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング