日本初のグリーン電力を活用した商品を集めたコンセプトEC「GreenDept」を2013年8月7日にオープン

@Press / 2013年8月8日 12時0分

HALOS
節電・発電支援サービスを提供する、エネルギーベンチャーみんな電力株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:大石 英司、布施 宏)は、2013年8月7日、日本初のグリーン電力(※1)をコンセプトに、商品の製造過程で太陽光や風力などのグリーン電力を活用し製造された商品を集めたECショップ「GreenDept(グリーンデプト)」をオープンすると発表しました。

※1 「グリーン電力」とは
太陽光や風力など、自然エネルギーを利用して作られた電力です。枯渇する恐れがなく二酸化炭素を増やしません。また海外からの資源に頼らず発電できるという特徴も持っています。


風で織ったアパレル商品、風で焼いた食料品など、昨今では商品の原料の一つとも言える「電力」にまでこだわり、グリーン電力を活用して商品を製造する動きが徐々に生まれています。「グリーン消費」と言われる、環境配慮を意識した消費傾向も後押しし、グリーン電力が原料であることが商品の付加価値アップに貢献し、大きな販売実績をあげる事例も出てまいりました。

これらグリーン電力を原料にした商品を集めたECサイト「GreenDept」を開設することは、電力にまでこだわった商品・クリエイターにとって、新たな発信機会と販売機会に繋がり、また生活者にとっては、商品やクリエイターの新たな魅力を発見する楽しさと同時に、日本の電力問題に「どう貢献していいのかがわからない」という現状に対して、「買う貢献」という新たな選択肢を提供できます。

第一弾は、Chord&Co.と提携し、太陽光から生まれたソーラーバッグ「HALOS」のスペシャルコラボ限定パッケージを販売いたします。ソーラーバッグ「HALOS」は世界最高効率のフレキシブルソーラーを活用し、東京都足立区の工場でハンドメイドによって創られているメイドインジャパンが生み出したこだわりのソーラーバッグです。ソーラーパネルを初め、ファスナー・素材・縫製にまでこだわり抜いたクオリティは、多くのクリエイターから評価を受けています。今回販売する商品のグリーン電力活用にあたっては、みんな電力がコーディネートを担当し、静岡県の太陽光発電で生み出された電力を使用しました。電力はグリーン電力証書(※2)を通じて商品に適用されています。

※2 「グリーン電力証書」とは
グリーン電力が持つ「環境付加価値」を取引可能な「証書」にしたもので、自然エネルギーの普及・拡大を応援する仕組みです。GreenDeptの商品にはこの取引が使われています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング