第二回「LEXUS DESIGN AWARD」募集開始-- 入賞作品はミラノデザインウィーク2014で展示 --

@Press / 2013年8月12日 16時30分

豊かな社会を作り上げる"DESIGN"作りの為に、全世界の次世代を担うクリエイターを対象とした国際デザインコンペティションとして昨年、創設された「LEXUS DESIGN AWARD」。72カ国からの参加者の熱い支持を得て開催された第一回に引き続き、本日から第二回の募集を開始します。

「LEXUS DESIGN AWARD」は、入賞者に対し、作品を広く発表し世界のデザイン界で活躍するクリエイターから評価を得る機会を提供します。入賞作品のうち2作品の受賞者は、世界を代表するクリエイターをメンターとしたセッションを通じ、自らのアイディアをプロトタイプとして具現化し、発表する機会を得ることができます。 LEXUSはこうした機会を通じて、次世代を担うクリエイターの育成を図り、豊かな未来づくりへ貢献することを目指しています。

第二回LEXUS DESIGN AWARDのテーマは"Curiosity"。LEXUSは"DESIGN"を通じて豊かな社会を創り上げること、また、お客様にとって心躍る製品を作り出すことに、多くの時間をかけ真剣に取り組んできました。自由な発想から生まれるCuriosityを取り入れ創造することで、私達の生活を変える思いもよらない論理的なイノベーションが生まれる。LEXUSはこの考え方を今回のテーマとして設定しました。

"Curiosity" が今年の応募者の皆さんにとって挑戦しがいのある、インスピレーションを呼び起こすテーマであることを願っています。

応募受付期間は、2013年8月1日から10月15日まで。2014年初頭に入賞作品12点を発表します。入賞作品はミラノデザインウィーク2014で展示されます。

<LEXUSについて>
 LEXUSは、「Progressive Luxury」というブランドビジョンを掲げ、従来の高級とは異なる価値観を追求してきました。また、自動車を通じてお客様の豊かさを創造するだけでなく、そこから発生する多くの課題の解決を"レクサス・ハイブリッド・ドライブ"などで提案し続けてきました。

 本アワードにおいて、LEXUSは"DESIGN"という言葉を、単に造形だけを意味するのではなく、問題解決のプロセスであり、豊かさを創造し、よりよい社会、未来を形作るためのソリューションと捉え、幅広く革新的なアイディアを募集します。


【概要】
タイトル LEXUS DESIGN AWARD 2014
募集期間 2013年8月1日~2013年10月15日
テーマ  CURIOSITY
審査基準 ・LEXUSの考える"DESIGN"に対する、深い理解とその解釈の独自性
     ・課題に対する着眼点とソリューションの独創性
審査員  パオラ・アントネッリ(Paola Antonelli)氏
     アリック・チェン ( Aric Chen )氏
     伊東豊雄(Toyo Ito)氏
     バーギット・ローマン (Birgit Lohmann)氏
     アリス・ローソーン (Alice Rawsthorn) 氏
     福市得雄(Tokuo Fukuichi)/ Lexus International
メンター アーサー・ファン(Arthur Huang)氏
     ロビン・ハニキー (Robin Hunicke) 氏
賞典   ・入賞作品12作品のクリエイターをミラノデザインウィーク2014に招待※
     ・その内2作品には、受賞作のプロトタイプ制作費として最大500万円を支援
     ・担当メンターとのセッションを通じて、2014年1~3月の間で受賞作のプロトタイプを制作
     ・2014年4月にミラノデザインウィークのレクサス・ブース、
      "Lexus Design Amazing 2014"で2点のプロトタイプ作品、並びに
      入賞作10点のパネルを展示。
      ※個人名で応募の場合には応募者本人1名、グループで応募の場合は最大2名まで招待
主催   Lexus International
協力   designboom
     DESIGN ASSOCIATION NPO
応募方法 designboom内公式応募ページ(英語)より応募
     http://www.designboom.com/competition/Lexus-design-award-2014
その他  その他詳細につきましては、公式サイトをご参照ください。

@Press

トピックスRSS

ランキング