『パリ・オペラ座へようこそ ライブビューイング2012~2013』第8作・オペラ「ジョコンダ」 8月23日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国順次公開!

@Press / 2013年8月16日 11時0分

ジョコンダ
ブロードメディア株式会社の子会社ブロードメディア・スタジオ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:橋本 太郎)は、『パリ・オペラ座へようこそ ライブビューイング2012~2013』第8作目として、オペラ「ジョコンダ」を8月23日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国順次公開いたします。

『パリ・オペラ座へようこそ ライブビューイング2012~2013』
http://www.opera-yokoso.com/

<画像>
イタリア・オペラの傑作を、パリ・オペラ座が今シーズンの自信作として贈る!
http://www.atpress.ne.jp/releases/37937/1_1.jpg


本作は、日本ではあまり上演がされない幻の作品です。作曲者はプッチーニ以前ではヴェルディと並び称せられたロマン派の巨匠ポンキエッリで、ヴィクトル・ユーゴーの戯曲「パドヴァの暴君アンジェロ」を基に、作曲家のアリーゴ・ボーイトが台本を担当しました。独立して歌われるテノールのアリア「空と海」や、第3幕におけるバレエ音楽「時の踊り」などが有名です。美貌の歌姫が引き起こす愛と嫉妬、現実的で観る人の心をぐいぐいと引っぱって行くストーリー運びの巧妙さ、それに官能的なメロディが相まって、オペラの醍醐味を心ゆくまで味わうことができます。ドラマティック・ソプラノのヴィオレッタ・ウルマーナ、テノールのスターであるマルセロ・アルヴァレスに加え、個性的な脇役や悪役にも絶妙なキャスティングで、パリ・オペラ座の今シーズン最高の呼び声も高い人気公演となっています。


第8作[オペラ] ジョコンダ
■パリ・オペラ座での上演日:2013年5月13日(バスティーユ)
■上映時間        :3時間33分
■作曲          :アミルカレ・ポンキエッリ
■台本          :アリーゴ・ボーイト
■指揮          :ダニエル・オーレン
■舞台演出        :ピエール=ルイジ・ピッツィ
■キャスト        :ヴィオレッタ・ウルマーナ、
              ルチアーナ・ディンティーノ、
              マリア・ホセ・モンティエル、
              マルセロ・アルヴァレス

■上映スケジュール(予定)
8月23日(金)~9月5日(木)
TOHOシネマズ みゆき座/大阪ステーションシティシネマ

10月公開予定
Bunkamuraル・シネマ

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング