カヤックとエヴィクサー、角川書店「貞子3D2」のスマ4D専用アプリを共同開発

@Press / 2013年8月22日 16時0分

「貞子3D2」スマ4D公式アプリ
株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、以下 カヤック)と、ACR(自動コンテンツ認識)技術の開発を手がける日本エヴィクサー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀧川淳、以下 エヴィクサー)は、2013年8月30日から全国ロードショー公開される角川書店配給のアトラクションホラー映画「貞子3D2」に関して、上映中に専用の無料スマホアプリを起動させ本編に連動した別次元の恐怖が楽しめる「スマ4D」(スマフォーディー)のスマホアプリを共同開発し、この度リリースいたしましたので、ご案内申し上げます。
スマホアプリの制作をカヤックが担当し、ACR技術をエヴィクサーが提供しております。


■『貞子3D2』スマ4D公式アプリ~世界初の映画連動アプリを劇場で体感しよう~の概要
2013年8月30日から全国ロードショー公開される映画「貞子3D2」を映画館で鑑賞しながら、アプリを起動すると、本編に連動した様々な呪いが次々に襲い掛かります。メッセージが届いたり、怖い画像が表示されるなど、3D効果に加えたスマホからのアクションで、まさに360度の恐怖を感じる「映画セカンドスクリーン」アプリです。
なお、アプリはiOS、Android向けに無料で配布され、下記より随時ダウンロード可能です。

●iOS向けアプリのダウンロードURL
https://itunes.apple.com/jp/app/zhen-zi3d2-suma4d-gong-shiapuri/id670233626?mt=8
●Android向けアプリのダウンロードURL
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.kadokawa.s3d24d


■アトラクションホラー映画「貞子3D2」の概要
ジャパニーズホラーの代名詞、言わずと知れた貞子を3Dで描いた2012年公開の映画「貞子3D」の続編として制作。「リング」シリーズの原作者である鈴木光司のオリジナルストーリーを、前回に引き続き英勉監督のメガホンで映画化。
製作年: 2013年
製作国: 日本
配給 : 角川書店
(C) 2013 「貞子3D2」製作委員会
(URL: http://www.sadako3d.jp/ )


■今回の共同開発について
映画館の中では「携帯電話やスマホの電源をOFF」というのが常識といわれている中で、あえてスマホの電源をONにしていただくからには、今までには絶対に経験したことのない次世代の視聴体験を演出、実現しようとアプリの制作に取り組みました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング