<水と生活プロジェクト『高齢者の熱中症に関する意識調査』>搬送患者の半数は65歳以上 高齢者の熱中症対策、大誤解 高齢者の7割以上は水分不足!

@Press / 2013年8月20日 10時0分

1日1.2リットル以上の水分を摂取していない人が7割以上
水と生活プロジェクトは、全国の60歳以上の男女400人を対象に「高齢者の熱中症対策における課題」をテーマに『高齢者の熱中症に関する意識調査』を実施しました。

総務省の発表によると、熱中症による救急搬送人員は過去最多であり、熱中症の搬送患者の約半数が65歳以上の高齢者です。高齢者の熱中症が深刻化する中、高齢者の熱中症に関する調査は少なく、高齢者が抱える課題や解決方法がはっきりしていないのが実情です。
特に水分補給は熱中症対策として重要視されているにもかかわらず、正しい水分補給を理解して実践している人は多くありません。

そこで水の種類や、自分に合った水の選び方など、水に関する情報を広く啓発していく活動を行っている水と生活プロジェクトでは、60歳以上の男女を対象に、熱中症への意識と対策の実態を調査しました。


【調査結果】
■高齢者の熱中症対策意識は非常に高い
高齢者の86.1%が熱中症対策に関心を持っており、72.3%が熱中症の対策を取っている。

■高齢者の7割以上が水分不足
1日に摂取すべき水分量である1.2リットルに達している人は、高齢者の3割に満たない。

■高齢者の2割以上が、家の中では熱中症にならないと勘違いしている
高齢者の熱中症発生場所で最も多いのは家の中(※)であるにも関わらず、高齢者の2割以上が家の中では熱中症にならないと勘違いしている。

■高齢者は、ミネラル不足の可能性が高い
高齢者の多くは暑い時期の水分補給として水・お茶やコーヒーを飲んでいる。塩分・その他ミネラルが不足している可能性が高く、熱中症予防の為にはミネラルを含む水分補給を意識する必要がある。


以下、調査結果につきまして、水の飲み方・選び方に詳しい、東京医科歯科大学名誉教授の藤田 紘一郎先生に専門家の立場から、調査結果の解析と、正しい水の飲み方・水の選び方について提言をいただいています。

■高齢者の熱中症対策意識は非常に高い
・熱中症対策関心度は86.1%、対策をとっている人は72.3%
今夏、熱中症に関心があると答えた高齢者は86.1%と大変高い割合になりました。また、実際に熱中症対策をしていると答えた人は72.3%であることから、高齢者の熱中症対策意識は非常に高いことがわかりました。

・熱中症対策NO.1は水分補給
熱中症対策としてどのような対策をしているか調査したところ、「水分補給を行う」と回答した人が最も多く、97.5%でした。2番目に多かった回答は、「室温を調整する」それに次いで、「帽子をかぶる」という結果になりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング