住空間設計Laboが佐伯チズ氏と共に提案する理想の住まい 「五感で感じる癒しの住まいプロジェクト」モデルハウスが8月末完成、9月7日より神戸市内にて一般公開開始!

@Press / 2013年8月20日 12時0分

佐伯チズ×渡辺善夫
兵庫県を中心に住宅の設計・施工を手がける住空間設計Labo(株式会社Labo、所在地:兵庫県明石市)は、日本を代表する美容アドバイザーであり、美・生活アドバイザーとしても活躍する佐伯チズ氏のアドバイスを得て、「五感で感じる癒しの住まい」をコンセプトに理想の住まいづくりに取り組んできました。
このほど、本プロジェクトによる初のモデルハウス(兵庫県神戸市垂水区北舞子)が8月末に完成し、9月7日より一般公開する運びとなりました。


■モデルハウス特徴
「四季がある国土に生まれ育った日本人の優れた感性を、次の時代を担う子供たちに伝えていきたい」という佐伯チズ氏の想いを実現する家、生活の場における“五感教育”ができる住まいがコンセプトです。
そのために多くの天然木材を使用しています。例えば樹齢300年の杉をカウンター材に利用することでその年輪の風合いや香り、手触りにより五感は刺激され感性が育まれます。さらに樹の持つ特性や言われを継承し続け、適材適所で木材を利用してきた日本人の知恵を後世に伝えることにもつながります。
1つの家屋に13種以上の天然木材の利用は業界初の試みとなります。天然木材につきましては、30種以上の国産材を取り扱う山陰の材木業者との提携により実現しました。天然木材の使用に関しては、樹種の選択が可能で、「一箇所でも良いから気に入った天然木材を使用した家づくりを行って欲しい」との想いを込めております。

また、この他には、古くから伝わる日本人の知恵と現代の最新技術の融合をテーマに、高気密性を維持しながら健康面にも配慮した住宅づくりを実現しています。


■「五感で感じる癒しの住まいプロジェクト」について
当プロジェクトは、“美肌師”から“美・生活アドバイザー”として、さらに活動範囲を広げる佐伯チズ氏と当社との出会いをきっかけに、本当の意味で豊かな暮らしを育むための「人と住まいの関係」を、今一度みつめ直す目的で2012年1月より進めてきました。
「住まいはそこに住む人が育てるもの」という佐伯チズ氏の考えに、当社の家づくり理念と共通の価値観を見出し、本来の住宅のあり方や社会の求める「癒しの空間」とは何かを徹底的に追求。今回その結果を兵庫県神戸市にモデルハウスとして具現化しています。

今後も住空間設計Laboは当プロジェクトをきっかけに、住み手に愛される「癒しの住まい」をテーマに注文住宅の供給に努めてまいります。

@Press

トピックスRSS

ランキング