スマートなマップをサクッと実現する、位置情報を活用したビジネスマッピング 『MapInfo Professional(R) v12.0』最新バージョンを発表

@Press / 2013年9月2日 10時30分

新しいスタイルになったツールバー
MapInfoブランドで位置情報関連のソフトウェアを世界的に提供しているピツニーボウズ・ソフトウェア(Pitney Bowes Software Inc.)の日本法人であるピツニーボウズ・ソフトウェア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山田 茂)は、我が国のビジネスマッピング分野で高いシェアを持つマッピング・分析用アプリケーションの最新版である『MapInfo Professional(R) v12.0』の発売を、本日発表いたしました。

詳細URL: http://www.mapinfo.jp/

今回リリースする『MapInfo Professional(R) v12.0』では、ラベル関連の機能向上、スケールバーや凡例デザイナーの改良など、地図の見栄えにこだわる機能の強化を行いました。また、日本独自の機能強化として国土地理院が提供する「電子国土Webシステム」の航空写真や地図を無償で参照できるようになりました。さらに、Windows 8へ正式対応し、最新の業務環境でも安心して利用できます。
出荷開始は9月下旬を予定しており、有償のプレミアムサービスを無償で提供する新発売キャンペーンを、発売開始から12月25日までの期間限定で実施する予定です。


【『MapInfo Professional(R) v12.0』の主な新機能】
■マップの機能性と表現性をアップさせるラベル表示機能の向上
自動的にラベルを縮小してポリゴン内に納めるリージョンラベルの設定、長い表示の際に短縮表記に切り替わる省略ラベルオプションの採用、異なるレイヤ間でのラベル表記の優先度設定など、ラベル表示機能の向上を図りました。限られた紙面のマップ上に、より多くの情報をより見やすく仕上げることができます。

■地図の表現性にこだわった機能改良
「1:25000」という一般的なスタイルでの地図縮尺の表記、地図の要素としては不可欠なスケールバーを的確に作成する機能、凡例デザインダイアログにおける機能向上などを通じて、細部までこだわったマップ作りが実現します。

■世界中のユーザーの声を反映した使い勝手の改良
複数のテーブルの構造を比較し、編集が可能となる「テーブル構成マネージャ」、デジタイズしたラインから自動的にポリゴンを作成する「ポリビルダーツール」、『MapInfo Professional(R)』ネイティブでないデータの入出力を支援する新しい「クイックトランスレーター」などの新機能を追加し、複雑な操作と作業時間を短縮します。

@Press

トピックスRSS

ランキング