女性の目を意識した勝負服!老舗の技術はそのままに、デキる男のオーダースーツ「facoltanimo(ファコルタニモ)」ハンドメイドライン誕生

@Press / 2013年8月21日 16時30分

スーツ着用イメージ
高松宮技術奨励賞を2度にわたり受賞した日本屈指の技術力を誇る銀座テーラー(本社:東京都中央区銀座、代表取締役社長:鰐渕 美恵子)は、この度、その技術力と新しい感性を融合させた究極のハンドメイドスーツ「facoltanimo」を2013秋冬より展開いたします。

最近は、業種の多様化、クールビズなどの政府の政策も相まって、スーツ離れが叫ばれています。しかし、男性がここぞと思う時に着る服は、やはりスーツなのではないでしょうか?ビジネスシーンはもちろん、恋愛のシーンでもスーツの力は絶大です。今回提案する新しいラインは、男性の目はもちろん、女性からみても素敵にみえる、デキる男に見えることにこだわりました。

昔のオーダースーツは「堅い」「重い」というイメージでしたが、今回のハンドメイドラインは、無駄なものを削ぎ落し、羽根のように軽やかで柔らかい極上の着心地、そして日本人の体型を知り尽くしたカッターにしか表現できない、日本の男性を美しく魅せるシルエットを追及。後ろ姿にもこだわった理想のスーツを確立しました。

価格は、フルハンドメイド仕上げで、1着315,000円~。(※仕立て上がり:通常約1カ月~)
現在、10月末まで「facoltanimo」誕生記念として、1着262,500円でお試しいただけます。
「facoltanimo」の公式ホームページは、9月初旬アップ予定です。

詳細は下記をご参照ください。

【特徴】
1:まさに羽織る感覚
  従来のものより30%の軽量化を実現した、柔らかく軽い極上の着心地を再現
一日の多くを占めるビジネスタイムに着用するスーツだから、羽根のように軽くて柔らかい着心地を再現するため、洋服の土台となる副資材も厳選した素材を使用し、一点一点お客様の完全なる“オリジナル”となっております。
まさに熟練した職人技と、厳選された素材のマリアージュが唯一無二の究極の着心地を創り上げています。

2:着れば着る程体に馴染む 究極ハンドメイド製芯地へのこだわり
洋服に内蔵されている芯地も通常機械で作り上げる工程を、贅沢に一点一点手縫いで作り上げるため、通常よりもさらに手間をかけています。しかし、それにより生み出される着心地は、プレタの洋服では絶対に味わうことのできない極上の着心地です。着れば着るほど自分の体に馴染んでいく快感はハンドメイドにしか出せない贅沢感です。

3:富士の山を思わせる、首元から肩への色気漂う曲線美
首元から肩にかけての流れるような曲線美はカッティングと、縫製の両方に高度な技術と秘密が隠されています。
そのこだわりにより男性的な肩まわりの色気あるフォルムを生み出すことができました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング