ワイズグローバルビジョン株式会社、コンゴ民主共和国「アカデックス小学校」に浄水器7台を寄贈

@Press / 2013年8月22日 14時0分

長谷部 葉子准教授
 ワイズグローバルビジョン株式会社(本社:沖縄県宜野湾市、代表取締役社長:大嶺 義人、以下 ワイズグローバルビジョン社)は、慶應義塾大学・長谷部研究会を含む2研究会が推し進めている、コンゴ民主共和国「アカデックス小学校」プロジェクト(*1)の目的と趣旨に賛同し、同社が取り扱う株式会社エコライフビジョン製の浄水器7台を、2013年8月20日(火)、長谷部 葉子准教授(*2)が指導教員を務める同研究会に寄贈いたしました。


【概要】
 寄贈した商品は、ウォーターピュア3台、ウォーターピュアプロ1台、並びにピッチャーピュア【Lタイプ】3台の合計7台の浄水器と、ピッチャーピュア用カートリッジ3箱で、「アカデックス小学校」での安全な飲料水確保に用いられる予定(*3)です。
 8月20日(火)の寄贈式の後、長谷部准教授を含む派遣チームは、寄贈品を携え8月22日(木)にコンゴ民主共和国に向けて出発いたします。同派遣チームは、現地で約2週間の滞在を計画しています。


【長谷部准教授からのコメント】
“「命の源」である「きれいな水」を、アフリカ・コンゴ民主共和国の「アカデックス小学校」で提供できることに心より感謝しています。この国にはコンゴ川があり、また7ヶ月間にわたる長い雨期もあります。その豊かな水源を浄水して、飲料水を現地で日常的に作り出せることは画期的です。どれほど多くの子ども達の命を育むことでしょう。”

画像: http://www.atpress.ne.jp/releases/38126/1_1.jpg
(左から二人目)


【背景】
 これまで「アカデックス小学校」では、日本からの派遣チームメンバー(指導教員と慶應義塾大学の学生たち)のために大量のペットボトル水を購入・備蓄しており、また現地の児童生徒は、生活のために毎日遠くまで飲料水を汲みに行く必要がありました。
 長谷部研究会では、「ペットボトル水の購入・備蓄」と「児童生徒の遠方への水汲み」という現地の大きな負荷を減らすために、河川水や雨水を利用して飲料水を確保するための浄水器導入を予てより検討していましたが、ワイズグローバルビジョン社が「アカデックス小学校」プロジェクトの趣旨と目的に賛同し、今回、現地事情に適した3種類の浄水器の寄贈を申し出ました。


【目的】
 長谷部准教授と研究会メンバーで構成される今回の派遣では、慶應義塾大学の学生たちが、寄贈された浄水器を用いて河川水や雨水の浄水テストを実施する予定です。「アカデックス小学校」では、今回寄贈された浄水器を安全な飲料水の確保のために使用すると同時に、「水から始まる命の教育」というテーマで、小学校のクラス授業の中で、現地の児童生徒が浄水を行い、自分たちで飲料水を確保する教育の一環として活用することを目標としています。

@Press

トピックスRSS

ランキング