BIGLOBEが「ほぼスマホ」購入者の利用状況アンケートを実施 ~7割が40~50代で、月々約1,000円の節約に~

@Press / 2013年8月29日 11時15分

BIGLOBEプレスルーム
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2013/08/130829-a


 NECビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:古関 義幸、以下 BIGLOBE)は、月額2,980円(税込)(注1)から利用できるLTE対応のAndroid(TM)搭載端末「ほぼスマホ」の購入者向けに、利用状況アンケートを実施いたしました。本アンケートは、2013年7月16日~7月31日に実施し、673件の有効回答が集まりました。

 本アンケートの結果、「ほぼスマホ」購入者の7割強が40~50代で、購入前にフィーチャーフォンを利用していた人が回答の7割を占めていることから、「ほぼスマホ」がスマートフォンデビューのきっかけになっていることが分かりました。また、フィーチャーフォンと「ほぼスマホ」との2台持ち利用が回答の7割と多い中、購入者全体の平均月額利用料(注2)は3,770円となっており、購入者は以前よりも月々約1,000円の節約ができていることも分かりました。
 「ほぼスマホ」の購入の決め手は、“月額利用料の安さ”、次いで“音声通話がなくても機能として十分”という結果となりました(複数回答)。

 本アンケートの結果は以下の通りです。


1.「ほぼスマホ」の購入者は7割強が40~50代
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2013/08/130829-a#11


2.フィーチャーフォンと「ほぼスマホ」との2台持ち利用が7割
 「ほぼスマホ」購入前は、フィーチャーフォンの1台持ちが7割で、購入後はフィーチャーフォンと「ほぼスマホ」の2台持ちが7割、「ほぼスマホ」の1台持ちが2割となりました。平均月額利用料(注2)は、「ほぼスマホ」購入前は4,630円、購入後は3,770円と、購入者は月々約1,000円の節約ができています。

http://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2013/08/130829-a#12


3.「ほぼスマホ」購入の決め手は月額利用料の安さ
 スマートフォンを購入する際の決め手は、“月額利用料の安さ”が約4割、“LTE対応”が約2割という結果となりました。一方、「ほぼスマホ」を購入した決め手は、“これまでの月額利用料と比べて安い”が4割、“音声通話がなくても機能として十分”が約3割、“LTEで通信速度が速い”が2割という結果となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング