<マンション居住者への省エネ意識調査>取り組む際の課題、第1位は「効果が見えにくい」

@Press / 2013年9月3日 14時0分

グラフ(震災後の省エネ意識)
株式会社つなぐネットコミュニケーションズ(代表取締役社長:石塚 和男、本社:東京都千代田区、以下 つなぐネット)は、2013年6月25日~27日にマンション居住者の方へ省エネに関するアンケートを実施しました。

6割以上の方が「東日本大震災以降、節電や省エネに対する意識が変わった」と回答しています。一方で、節電・省エネの課題については「効果が見えにくい」「家庭内の努力に限界がある」「おトク感がない」という回答があり、効果を実感しづらいと感じている方が多い結果となりました。

グラフ(震災後の省エネ意識)
http://www.atpress.ne.jp/releases/38308/1_1.gif

グラフ(課題)
http://www.atpress.ne.jp/releases/38308/2_2.gif


今回のアンケート結果を踏まえ、つなぐネットではマンションの省エネを特集したフリーマガジン「つなぐマガジン」を9月に発行しました。家庭で行えて効果を実感できるような省エネメニューや、マンション全体で省エネ効果をあげている事例、マンションのエネルギー管理システム「MEMS」(*1)などをご紹介しています。

今後もつなぐネットではアンケート通じてマンション居住者のご意見を伺いながら、「MEMSアグリゲータ」(*2)として、マンションの省エネ化につながる取り組みを進めてまいります。

(*1)MEMS(Mansion Energy Management System)…マンションエネルギーマネジメントシステム
(*2)MEMSアグリゲータ…マンションにMEMSを導入し、電力需給調整サービスを提供する事業者


■調査結果
調査実施日:2013年6月25日~27日
調査方法 :インターネット(マンション・ラボ)
対象者  :マンション・ラボリサーチ会員
      (マンションに居住している方)
有効回答数:2,167


■マンションの省エネを特集したフリーマガジン
つなぐネットが9月に発行したフリーマガジン「つなぐマガジン」では、「マンションと調和する省エネのかたち」をテーマに、マンション生活の中で、無理のない、快適で賢いエネルギーとの付き合い方を特集しています。

「つなぐマガジン」は、マンションにお住まいの方に向けた「マンション生活に豊かな未来をつなぐ情報誌」として発行しています。

発行部数:18万部発行
体裁  :A4判・24ページ・カラー
配布先 :つなぐネットが運営するインターネットサービス「e-mansion」が導入されているマンションへのポスティング

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング