ボッテガ・ヴェネタ、上海で「Critical Landscapes」展を開催

@Press / 2013年9月2日 11時0分

写真1
ボッテガ・ヴェネタは8月15日から10月末まで上海のイフェン・ギャラリア店で、劇的に変わりつつある今の中国の風景をテーマとしたコンテンポラリー写真展「Critical Landscapes」展を開催しております。イフェン・ギャラリア店は世界各地にあるボッテガ・ヴェネタのブティックの中で唯一、ギャラリースペースが併設されており、今後活躍が期待されるアーティストやフォトグラファーの作品が展示されています。

この展覧会は、新進気鋭の才能あるアーティストの活躍を促し、画期的な文化的プロジェクトを支援するというボッテガ・ヴェネタの真摯な取り組みと、通常の高級ブティックではできないようなユニークで充実した体験をお客様に提供するという考えが一体となったものです。イフェン・ギャラリア店ではこれまで3つの展覧会を行ってきました。ブティックのオープンを記念する展覧会として現代的な写真作品から中国の壊れゆく遺産に目を向けた「Damaged Heritage」展、そして“物は語る”というコンセプトの元、身の回りにある何気ないアイテムが私たちの日常生活とどう交わっているのかを示した第2弾となる「Talking Objects」展、ポートレートの芸術性を追求した第3弾の「Facing Faces」展を開催し、成功を収めてきました。今回の「Critical Landscapes」展は、イフェン・ギャラリア店で開催する展覧会の第4弾となります。

今回の展覧会は、中国全土で活躍する6名のアーティストおよびフォトグラファーの作品を集めています。北京に拠点を置く博尚は、ゴーストタウンと化した内モンゴル自治区オルドス市の心から離れない不穏なイメージを切り取った作品で、ドラマティックな光景を捉えています。火炎は、世界的に有名な桂林の石灰岩層を住人たちが計画的に破壊してきた様子を掘り下げました。洪磊の作品は中国の古典絵画へのオマージュが込められており、消えゆく山河への悲痛な思いが主なテーマとなっています。上海で活動中の恒河は、人間と自然の緊張関係に焦点を合わせた作品を手掛けています。劉建宏の作品も、人間と大地の調和や愛おしみが失われた関係性を表現しています。曹翰は細部までこだわったリアルなスタイルをベースに、現代社会の冷酷な一面を切り取った作品を数多く手がけています。

ボッテガ・ヴェネタのクリエイティブ・ディレクター、トーマス・マイヤーは「写真は強力な媒体です。私は今回の展覧会のために集められた作品を見て、衝撃を受けました。このギャラリースペースがいつもとは別の次元で人々の心をとらえ、結びつけることができればと願っています。お客様には、今回の展覧会が、これまでイフェン・ギャラリア店で開催されてきたものと比べても引けを取らないほど刺激的だと感じていただけると確信しています」と語っています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング