タブレット・スマートフォンサイト最適化ソリューション『x-fit Ver2.0』をリリース

@Press / 2013年9月3日 11時0分

x-fit Ver2.0の新機能
株式会社KSK(本社:東京都稲城市、代表取締役社長:河村 具美、JASDAQ:9687、以下 KSK)のフレックス・ファーム ビジネスユニットは、タブレット・スマートフォン最適化ソリューション『x-fit』(クロスフィット)の新バージョンとして、「バージョン2.0」を2013年9月3日に新たにリリースしたことを発表いたします。

『x-fit』
http://www.flexfirm.jp/x-fit/


【x-fitとは】
『x-fit』は、タブレットやスマートフォンなどのデバイス毎の画面サイズの違いや、OSや端末スペックによる動作の差異を吸収し、すべての端末利用者に高いエクスペリエンスを提供する、スマートデバイス対応サイト向けの開発・運用プラットフォームです。
『x-fit』では最適化された「UIコンポーネント」を利用した開発を行うことで、開発工数の削減とテスト工数の削減を実現します。
《Yahoo!プレミアム》をはじめ大規模サイトでの稼働実績も豊富にあり、安定稼働と費用対効果から高い信頼をいただいております。


【飛躍的な開発・運用工数の削減を実現】
x-fit Ver2.0の新機能
●『x-fit』は、スマートフォンサイトで多く実装されるデザインを部品としてライブラリ化しております。(これをUIコンポーネントと呼びます。)
UIコンポーネントは、x-fitのインストールディレクトリ内の設定ファイル(themes.properties)で定義されており、HTMLソースにUIコンポーネントを呼び出す「Class名」を指定していただくことで容易に実装することが可能です。
http://www.atpress.ne.jp/releases/38386/1_1.png
●端末に合せて画像サイズを最適化し、高画質で表示するモードを追加しました。
●x-fitとWebサーバ間の接続でリトライオーバーが発生した際に、ログ情報としてエラーメッセージを出力するようになりました。
●ua_before.xml / ua_after.xmlのフォーマットや文字コードに誤りがある場合、エラーメッセージを出力するように変更しました。


【開発工数比較】
従来のx-fitもスマートデバイス向けコンテンツ開発において、高い費用対効果が実現できておりましたが、今回の「バージョン2.0」の機能を利用することで、更なる費用対効果を得ることが可能となります。

@Press

トピックスRSS

ランキング