常盤薬品工業【調査】頭皮に悩みや気になることを抱えている人7割以上20代女性でも、3人に2人

@Press / 2013年9月4日 11時0分

図1
臨床皮膚医学に基づいて敏感肌のスキンケアを考える低刺激性化粧品ブランド『ノブ』(ノエビアグループ常盤薬品工業株式会社/本社:東京都中央区)は、9月20日のふけ・かゆみ防止シャンプー「ヘアシャンプー M」新発売と「スカルプローション」リニューアル発売に伴い、生活者の頭皮に関する意識と頭皮ケアの実態を把握するための調査を実施しました。

頭皮ケアや育毛ケアへの関心に高まりがみられるとともに、最近は、頭皮のかゆみに対応する商品の広告等も多く目にするようになりました。さまざまな視点からのスカルプケアブームがうかがえる中、生活者は実際にどの程度悩みを感じているのか、頭皮の悩みと対応の現状を明らかにしました。


◆調査期間:2013年8月8日~9日、調査方法:インターネット調査
◆調査対象:全国20歳~69歳の男女2,000名


<調査結果トピックス>
■頭皮に関して悩みや気になることを抱えている人 7割
 20代女性でも、3人に2人が該当
■頭皮に悩みや気になることがあっても何もケアや対策をしていない人 約6割
□シャンプー選びは、頭皮や髪の状態や悩みに合ったものより、「洗い上がりの手触り」「乾かした時の質感」「香り」を重視
□ ふけの原因の一つである、「頭皮のカビ」についてはほとんど知られていない

<調査結果>
■頭皮に関して悩みや気になることを抱えている人 7割
 20代女性でも、3人に2人が該当

頭皮に関して悩みや気になることを抱えている人は、71.4%と7割以上もの人が該当(図1)。
最も多い60代男性と30代女性(同率76.0%)と、最も少ない20代男性(63.5%)の間では13ポイントしか違わず、性別年代の差はあまり大きくないことがわかりました。
悩みや気になることの内容は、全体で多い順に「抜け毛が多い(多くなってきた) 29.4%」「髪が薄い(薄くなってきた) 25.5%」「かゆみがある 23.9%」「髪が細い(コシがない) 23.4%」「頭皮がべたつく 19.0%」「においが気になる (気になることがある) 16.5%)」「フケがでる(でやすい) 15.3%」と続きました(図2)。


■頭皮に悩みや気になることがあっても何もケアや対策をしていない人 約6割

「髪が細い(コシがない)、抜け毛が多い(多くなってきた)、髪が薄い(薄くなってきた)」など、髪と関わる頭皮の悩みをもつ人で、何らかのケアや対策をしている人は、約4割(39.3%)。
一方、「頭皮がべたつく、フケがでる(でやすい)、かゆみがある、湿疹がある(できやすい)、においが気になる(気になることがある)など、頭皮そのものの悩みをもつ人の中で、何らかのケアや対策をしている人も、約4割(42.2%)。いずれも約6割の人は、特に何もしていないことがわかりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング