ライトワークス 接客力向上のためのスマートフォン教材『ヴォイスセラピー(R)による接客力向上の極意』提供開始

@Press / 2013年9月4日 11時0分

eラーニングを主軸に企業の人材育成を支援する株式会社ライトワークス(本社:東京都千代田区、代表者:江口 夏郎)は、店舗チェーンで働くスタッフの接客力向上のためのeラーニング教材『ヴォイスセラピー(R)による接客力向上の極意』を9月4日より提供します。


多店舗チェーン各社において、スタッフが接客するうえでの「声」は、スタッフや店に対する顧客の印象を決定づける大きな要素の一つであり、それだけで店の評価が定まってしまうといっても過言ではありません。しかし、声に関するトレーニングは、多くの店舗チェーンにおいては店の朝礼やミーティング時での発声やあいさつの練習程度しか実践されておらず、また科学的なトレーニング手法の導入もほとんどないのが現状です。このような中ライトワークスは、独自メソッド“ヴォイスセラピー(R)”を取り入れた戦略的CS向上で多くの実績を持つ結木 利奈氏との共同開発によって、科学的かつ体系的な手法で声(ヴォイス)のトレーニングが可能なeラーニング教材を開発しました。

受講者はまず、スーパーマーケットに入店し買い物を体験します。その中で、スタッフの接客や顧客とのコミュニケーションが非常に優れていること、それはスタッフの「ヴォイス」に起因していることに気付きます。その後、そのような接客、コミュニケーションをするための10のポイントについて理解し、トレーニングを実践していく構成となっています。


【教材の概要】
<名称>
ヴォイスセラピー(R)による接客力向上の極意

<学習内容(目次)>
1.はじめに
2.ヴォイスセラピーとは
3.理想の店舗体験
4.ヴォイスセラピー10のトレーニング
  ●姿勢
  ●呼吸
  ●発声
  ●トーン
  ●発音
  ●滑舌
  ●アクセント・イントネーション
  ●間の取り方
  ●スピード・テンポ
  ●表現力
5.おわりに
6.クイズ

<主な学習対象者>
店舗で働くすべての方

<効果的な導入方法(例)>
ヴォイスセラピーの集合研修を店長が受講した後、店舗スタッフが本教材を受講する。その後、店長がリーダーシップをとり朝礼やミーティング等で「ヴォイスセラピー10のトレーニング」を導入し、現場実践をサポートする。

<導入効果>
●スタッフが接客における声の重要性を理解し、実践に繋げることができる
●スタッフが仕事に対するモチベーションを高めながら積極的にトレーニングを受講できる
●スタッフ間およびスタッフと顧客のコミュニケーションが促進される
●店舗が活性化し、顧客満足度が向上する

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング