オークニー、Salesforce上で高度な地図アプリが簡単に構築できる開発者向けのクラウドサービス『GeoComponent』の提供を発表

@Press / 2013年9月5日 11時0分

株式会社オークニー(本社:横浜市西区、代表取締役:森 亮、以下:オークニー)は、株式会社セールスフォース・ドットコム(以下:セールスフォース・ドットコム)が提供するForce.com上のアプリケーションに対して、短期間に低コストで多彩な地図機能を追加することができる開発者向けのクラウドサービス『GeoComponent(ジオ コンポーネント)』の提供を発表しました。

2013年9月6日(金)にJPタワーホール&カンファレンスで開催される、セールスフォース・ドットコム主催の開発者向けカンファレンス・イベント「Developer Conference Tokyo 2013( http://jp.force.com/devcon/2013/ )」のオークニーブースにて『GeoComponent』を展示します。


■『GeoComponent』とは
Force.com上のアプリケーションに対して、短期間に低コストで多彩な地図機能を追加することができる開発者向けのクラウドサービスです。


■『GeoComponent』の特長
・高度な地図機能
Google Mapsだけでは実現困難な、多数のポイントの地図上への高速表示、万単位のレコードの高速ジオコーディング、エリアマーケティングに適した分析主題図作成を簡単に実現します。

・Google Mapsのライセンス込み
『GeoComponent』の価格にはGoogle Maps for Businessのライセンスが含まれています。面倒なライセンス契約手続きも不要です。

・Google Maps以外の地図も利用可能
住宅地図、地質図、電子国土Web、OpenStreetMapなどの外部地図サービスの利用、専用目的別に整備された地図(都市計画図や設備図面など)が利用できます。
注)Google Maps以外の地図サービスをご利用する場合には、別途、該当サービスの利用契約等が必要になります。

・チェックインやジオフェンス機能を提供
スマートフォンなどで取得したGPS情報と関連づけられた様々なデータに対して、チェックインやジオフェンス機能を提供します。

・アプリケーションを容易に開発可能
Visualforceの標準コントローラーで地図表示に必要な情報を取得し、IDリストを『GeoComponent』側に引き渡すだけで開発ができます。


■『GeoComponent』の提供開始日
年内に提供開始予定

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング