営業支援システム「eセールスマネージャーRemix Cloud」が、日本生命保険相互会社様で導入決定

@Press / 2013年9月10日 10時0分

 営業課題を解決するためのサービスを提供するソフトブレーン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:豊田 浩文)は、ニッセイ情報テクノロジー株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:和田 俊介)と協力し、営業の効率化を支援するサービスパッケージ「eセールスマネージャーRemix Cloud」を日本生命保険相互会社様(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:筒井 義信、以下 日本生命)に、ご導入いただいたことを発表いたします。


■営業支援システム導入の背景と課題
 日本生命様は、これまで営業職員チャネルを中心に保険販売を行われてきましたが、顧客ニーズや生活スタイルが多様化し、営業職員チャネルだけでは接点を持つことが難しいお客さまも増えてきている中、近年、その他のチャネルについても強化されています。
 そのひとつである代理店チャネルについても、1万店体制を構築するなど、着実に組織を拡大されていますが、さらなる発展に向けては、組織としての営業活動履歴などの情報蓄積と、その蓄積された情報の分析、次の営業活動の改善を行うための「営業の見える化」が重要な課題となっていました。
 また、生命保険業界では、様々な法令・ルールに従い情報の管理・報告が行われていますが、それらを管理する仕組みはチャネルの多様化とも相まって年々複雑化してきています。情報の管理・報告体制を整備し、業務を効率化することも大きな課題となっていました。
 これらの課題を解決するため、今回「eセールスマネージャーRemix Cloud」の導入を決定いただきました。


■「eセールスマネージャーRemix Cloud」採用理由
 ソフトブレーンの提供する商品・サービスについて、以下の3点を評価いただきました。

(1) システムの柔軟性と導入スピード
 通常、特有の業務や悩みに合わせて一からシステム開発をする場合、膨大なコストと納品期間が必要となります。しかし、「eセールスマネージャーRemix Cloud」を活用した場合、一からシステム開発を行うケースに比べ、大幅に導入期間とコストを削減できる点が評価されました。また、システムリリース後も、収集する営業情報等を業務課題に応じて柔軟に変更することが可能な点も評価されました。

(2) 具体的な課題解決策の提案
 ソフトブレーンには、1,800社を超える営業支援システム(SFA/CRM)導入実績とそれに伴うさまざまな業種業態における営業活動の知識、ノウハウがあります。日本生命様の課題に合った活用方法を提案することにより、ゴール(課題解決)に向けた具体イメージを持っていただくことができた点が評価されました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング