業界初となるSSDのデータ完全消去実験検査を実行!~ 全ての環境下でのソリッドステートドライブのデータ完全消去を確認 ~

@Press / 2013年9月5日 16時30分

データ完全消去ソフト・機器の専門製造会社であるオリエントコンピュータ株式会社(本社:大阪市中央区・東京都新宿区、代表取締役社長:金澤 歓喜、以下、オリエントコンピュータ)は、2013年8月12日から19日まで『公的試験研究機関』においてソリッドステートドライブ(Solid State Drive、以下、SSD)のデータ完全消去実験を行いました。


SSDはHDDとは違い、メモリの消耗を均一化するため、同じセクターへの上書消去ができません。そのため、SSDにはSecure Eraseという機能が内蔵されています。

しかし現在、多くのSSDでは、このSecure Erase機能の利用がロックされており、また古いSSDでは機能自体がない場合もあり、Secure Erase機能を利用できる場合、できない場合の両方での対応が必要でした。(さらに、論理ブロック、物理ブロックの違いもあります)

オリエントコンピュータは、データ消去ソフト開発会社の老舗としてこの対応に取り組み、Secure Erase(可能な場合は、Enhanced)機能を利用できる場合にはSSD用新消去方式の「SecureCombo」により、また機能を利用できない場合にはSSD用に開発した消去方式「SSDSpecial」を使用して、SSDの完全消去を達成しました。

さらに、第三者機関での検証として、2013年8月12日から19日までに第1回目の検証を終了させ、完全消去が行われていることの検証に成功しました。さらに、引き続き、第2回目の検証も進めています。


■SecureComboについて
http://www.orient-computer.co.jp/epee/index.php
http://www.orient-computer.co.jp/products/bhx.php
http://www.orient-computer.co.jp/products/oup.php


■会社概要
オリエントコンピュータは1992年に設立、デュプリケータの輸入販売から事業を開始しました。その後、PCからの情報漏洩を防止するためにHDDを磁気消去する世界で初めてのログ管理システムハードディスククラッシャーの開発、世界最多消去システムのデータ消去ソフトの開発、特殊USBメモリによるストレージ、データセンター内での安全なデータ移動システムの開発等を行っております。
またセキュリティに関するさまざまな製品の開発に取り組み、スキミング対策・電磁波防止製品の開発・販売(SKIM BLOCK)、世界初のダウンロードによる機能、自動データ消去システムが可能な指紋認証USBの開発、データセンター向けRAIDやFC対応の大量データ消去システム構築、リサイクルボックス(特許取得)利用の環境ビジネスシステムなどを行い、その他、企業に合わせたセキュリティソリューション提案を提供し続けています。

会社名: オリエントコンピュータ株式会社
代表者: 代表取締役社長 金澤 歓喜
所在地: 〒540-6022 大阪市中央区城見1-2-27 クリスタルタワー22F
URL  : http://www.orient-computer.co.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング