ソリトン、電子割符ゲートウェイTally-WariZenをリリース ローカル・クラウドストレージへの安全なデータ保管を実現

@Press / 2013年9月11日 16時0分

Tally-WariZen筐体
株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表:鎌田 信夫、以下 ソリトン)は、機密データの安全保管を実現する電子割符ゲートウェイ「Tally-WariZen(タリーワリゼン)」を開発、2013年9月11日より販売を開始します。


企業・組織で各種情報の電子化が進み、保護すべき機密データが増加しています。一方、コスト削減のためクラウド化が進んでいますが、機密データの利用に際しては、情報漏洩のリスクを回避し、災害時にも強いデータ保存の仕組みが必要とされます。その有効な手段の一つとして、データをランダムに分割して別々に保存する電子割符があります。

ソリトンが開発したTally-WariZenは、この電子割符の特長を生かしたアプライアンスです。PCからもスマートデバイスからも利用でき、電子カルテ、証拠データなどを始めとする個人情報や機密性の高いデータの安全な長期保管を実現します。
機密データをTally-WariZenにアップロードすると、データは複数の割符ファイルに分割され、予め指定したローカルストレージやクラウドストレージに分散保存されます。割符ファイルは、単体では元データが全く類推できない無意味なデータとなるため、社外・海外のデータセンターやパブリッククラウドを利用した際の情報漏洩のリスクを回避できます。冗長分割機能を利用すれば、災害などで割符ファイルの一部が消失しても、残りの割符ファイルから元データの復元が可能です。
更にTally-WariZenは、デジタル証明書を利用した強固な認証、割符ファイルからの復元の可否を定期的に自動チェックするベリファイ機能、定期バックアップ機能など、電子割符のセキュアな運用に欠かせない各種機能を実装しています。導入・運用に手間をかけることなく、機密情報を安全に分散保管できます。


【Tally-WariZenの特長】
1) クライアントソフト不要、マルチデバイス対応のアプライアンス
導入・メンテナンスが容易なアプライアンス。マルチデバイスに対応したWebインターフェイスで、PCだけでなくスマートデバイスからも利用可能です。

2) 選べるストレージ
各種ローカルストレージ(iSCSI、CIFS、NFS)、WebDAV(HTTPS)、FileZen、Amazon S3に対応。割符ファイルをどこに保存するのかを、企業のセキュリティポリシーに合わせて自由に設定することができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング