京都精華大学創立45周年記念事業としてダライ・ラマ14世の講演会を開催 ― 学生との対話のほか、作家・よしもとばなな氏との対談も ―

@Press / 2013年9月13日 16時30分

ダライ・ラマ14世
京都精華大学(所在地:京都市左京区、学長:坪内 成晃)は、本年で創立45周年を迎えます。そこで、記念事業のひとつとして、ダライ・ラマ14世を京都精華大学とダライ・ラマ法王日本代表部事務所との共同で日本へお招きし、講演会を2013年11月23日、24日に開催いたします。

ダライ・ラマ14世は一貫して、世界平和の実現には対話や相互理解に基づく調和が必要であるとの立場を取り続け、その普遍的な言葉は宗教や国籍、専門分野の枠組みを超えて世界中の人々から支持されています。
京都精華大学は「人間尊重」を基盤とし、「自由自治」を建学理念に掲げ「表現」を教育する大学として、ダライ・ラマ14世との「対話」を通じ、自由とは果たして何か、人間にとって自由の持つ意味とは何か、そしてより良い社会に向けて芸術や文化が果たすことができる役割について、今日の世界に向けてメッセージを発信する機会にしたいと考えています。


1.講演会開催の目的について
京都精華大学は1968年に、初代学長の岡本 清一が提示した「人間尊重」を基本とし、「自由自治」の理念に基づく全く新しい大学を目指して開学しました。以来、新しい人類史の展開に対して責任を負い、世界に尽力する人間の育成を行うという使命のもと、教学内容である芸術・文化を通して様々な活動を行ってきました。

中でも、「自由」について世界的な視点で考察する機会を積極的に設けており、これまでも女性活動家プーラン・デヴィ氏、アーティストのオノ・ヨーコ氏、言語学者のノーム・チョムスキー氏など、「自由」を求めて活動する方々を招聘してきました。

本年、京都精華大学はポピュラーカルチャー学部、芸術学部、デザイン学部、マンガ学部、人文学部の5学部体制となり、45周年という節目の年を迎えました。より良い社会とは、自由とは何か、生きるとは何か。これから先の未来に対しても、人間の根源的な課題について深く問い、その問題解決に対して芸術・文化が果たす意義を世界に投げかける大学であり続けたいと考えています。そこで、本学の理念とも共通する「人間尊重」を活動の根幹とし、非暴力による問題解決に取り組んでこられたダライ・ラマ14世をお迎えし、本学独自の「対話」を通してメッセージを発信します。


2.ダライ・ラマ14世と京都精華大学の関係について
1998年、京都精華大学が創立30周年を迎えた際に、本学の建学の理念「自由自治」を世界に向けて展開するため、記念事業として「自由へのメッセージ」と題し、アジアを代表する平和的指導者でノーベル平和賞受賞者でもあるダライ・ラマ14世、アウンサンスーチー氏、ジョゼ・ラモス・ホルタ氏の3名にインタビューを実施。その映像と内容を本学ホームページ上で公開し、多くの反響を呼びました。

@Press

トピックスRSS

ランキング