IEEE 2025年までにインターネット対応自動車が60%に達すると予測

@Press / 2013年9月13日 11時0分

IEEE(アイ・トリプル・イー)は、将来の通勤の改善にインターネット対応自動車が果たす有益な役割について見解を示し、2025年までに道路通行車両の60%がインターネットに接続し、高度な安全機能、最新の車載ソフトウェアを搭載した車両が走行していると予測しました。


IEEE会員で、アラスカ州立大学アンカレッジ校コンピューター・システム・エンジニアリング学部准教授であるジェフリー・ミラー(Jeffrey Miller)氏は次のように述べています。「自動車にBluetoothが搭載され、モバイル端末との通信ができる現在、自動車メーカーはすでにコネクテッド・カー技術の実装に乗り出しています。コネクテッド・カーの幅広い採用により、ユーザーは自らの自動車を端末の1つとして扱うことができるでしょう。モバイル・オペレーティング・システムをホスティングし、無線プロバイダーからデータ・パッケージを購入することが、将来は当たり前になるのです。」


■21世紀の安全性について
コネクテッド・カーは、安全性と利便性の向上でも有益な役割を果たすと考えられます。人々のコミュニケーションを技術がサポートするように、将来は自動車間のコミュニケーション、つまり車の車間通信が行われるようになるでしょう。IEEE会員で、ドイツ、カールスルーエ工科大学教授、クリストフ・シュティラー(Christoph Stiller)氏は次のように述べています。「車の車間通信によって、自動車はこれまでより短い車間距離で高速走行できるだけでなく、悪天候や渋滞などを自動的に回避することが可能になります。こうした機能により、運転中のヒューマン・エラーをほぼなくすことができ、より安全で快適な運転が実現できるようになるのです。」


■自動車へのハッキングがもたらす影響について
自動車への無線通信の搭載が進むにつれ、コネクテッド・カーはソフトウェア・ハッキングの標的として狙われやすくなります。IEEE上級会員で、アルスター大学コンピューター・エンジニアリング学部教授であるケビン・カラン(Kevin Carran)氏は次のように述べています。「ハッカーは、オーディオ機能に損害を与え、自動車のイグニッションやブレーキ・システムを不能にし、ソフトウェアにトロイの木馬やウイルスを感染させる潜在能力を持っています。メーカーは、対抗措置として、ファイアウォールを設定して統合システムからのアクセスを制限する必要があります。車載ネットワーク間の相互接続には強い存在感があるため、1つのネットワークの侵害が別のネットワークに損害を与える可能性があります。」


■自律走行車とインターネットについて
接続端末への依存とインターネット対応自動車の台頭は、ユーザーが自動運転システムへの信頼を高めていくことを意味します。この傾向は、自律走行車の採用を促進し、2040年までに自律走行車が道路通行車両の75%を占めるという昨年のIEEEの予測を正当化することになるでしょう。

IEEE上級会員で、イタリア、パルマ大学コンピューター・エンジニアリング学部教授であるアルベルト・ブロッジ(Alberto Broggi)氏は次のように述べています。「自動運転システムへの信頼は、自律走行車が幅広く採用されるための鍵となります。わずか6年前、スマートフォンは存在していませんでした。しかし、今ではそれなしで生活できないのですから驚きです。ユーザーが得たこうした依存心が自律走行車の促進剤となり、自動運転技術への信頼につながると考えられます。今後5年の間に、自律走行車専用の車線が登場するでしょう。」また、ブロッジ氏は、将来、運転が今よりも目新しい体験になると考えており、「ゴーカートと同様に、自動車を手動運転するために料金を払う時代が来るでしょう。」と述べています。


■高度道路交通システムの関連情報
IEEE Vehicular Technology Society(車両技術ソサエティ)
http://www.vtsociety.org/

IEEE 78th Vehicular Technology Conference(第78回車両技術カンファレンス)
http://www.ieeevtc.org/vtc2013fall/

IEEE Intelligent Transportation Systems Society(高度道路交通システム・ソサエティ)
http://www.ieee.org/its

IEEE Conference on Intelligent Transportation Systems(高度道路交通システム・カンファレンス)
http://ieee-itsc13.org/

IEEE International Conference on Connected Vehicles and Expo(コネクテッド・カーに関する国際会議)
http://www.iccve.org/


■IEEEについて
IEEEは、世界最大の技術専門家の組織であり、人類に恩恵をもたらす技術の進展に貢献しています。160カ国、40万人以上のエンジニアや技術専門家の会員を擁する非営利団体で、論文誌の発行、国際会議の開催、技術標準化などを行うとともに、活動を通じて世界中の工学やその他の技術専門職のための信用性の高い「声」として役立っています。

IEEEは、電気・電子工学およびコンピューターサイエンス分野における世界の文献の30%を出版2,000以上の現行標準を策定し、年間1,300を超える国際会議を開催しています。
詳しくは http://www.ieee.org をご覧ください。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング