2013年版 「敬老の日」にあわせた65歳以上の意識調査

@Press / 2013年9月13日 14時0分

グラフ1
シニアマーケットの専門機関である株式会社シニアコムは、2013年9月に65歳以上の男女に対して、「年齢に関するアンケート」と題した調査を実施しました。

・調査手法 :WEBアンケート調査
・対象者  :65歳以上の男女個人(シニアコムMASTER会員)
・有効回答数:528人(男性409人 / 女性119人)

この調査は2011年にも実施したもので、「敬老の日」を向かえるタイミングに、年齢に対する意識やシニア / シルバー向けのサービス・割引の利用状況などを聴取しました。
このリリースではいくつかの項目を抜粋し、一部項目では2011年調査との時系列でご紹介します。


《調査結果サマリー》
●世間一般に高齢者とされる65歳以上の方の認知年齢(気持ちの上で自身が認識する年齢)は、実年齢よりも「1~5歳 / 6~10歳」若く、自らが高齢者だと意識していない。

●また自らの認知年齢と周りから見られる年齢は、後期高齢者となる75歳から傾向が分かれ、電車やバスで年配者だと思われて席を譲られたケースを挙げると、
 ・「65-74歳」ではまだ自身が若い意識から、座席を譲られることにショックを受ける
 ・「75歳以上」では自身が年配者だと受け入れ、座席を譲られる行為に感謝して座る
特徴が見られた。

●加えて、年齢に関するものとして「シニア / シルバー向けの割引」(65歳以上向けの割引など)にフォーカスすると、全体の7割以上が能動的に利用する結果となることから、状況によっては実年齢を受け入れて、メリットのある割引を選ぶ“ちゃっかりした生活者”と言えます。


■「敬老の日」が自分達向けだと思う65歳以上は僅か1割程度
まず65歳以上のシニアに「敬老の日が自分達向けの日だと思うか」と聴取したところ、「そう思う / ややそう思う」と答えた割合は全体の12%に留まる結果となりました。

グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/38754/1_1.png

・年代に比例して「そう思う / ややそう思う」割合は高まりますが、65-74歳で1割となり、75歳以上でようやく2割を超える水準になります。
・同じ項目を聴取した2011年調査でも、同じような傾向が見られます。


■その要因の1つは「認知年齢」の若さ
シニアが自分達のことを高齢者(老人)だと意識しないことの1つの背景要因として、「実年齢」と「認知年齢=気持ちの上で自身が認識している年齢」のギャップが挙げられます。
アンケートで自身の「認知年齢」を聴取すると、大半が実年齢より「1~5歳 / 6~10歳若い」という回答を占める結果となりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング