デジタルショップカードを使ったO2Oサービスを実現 『Zeetle(ジートル)』アプリがバージョンアップ ショップカード機能がさらに充実

@Press / 2013年9月18日 11時0分

3つのトップメニュー構成
株式会社ビー・ユー・ジーSST(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山川 進)は、デジタルショップカードを使ったO2O(Online to Offline、オー・ツー・オー)サービスを実現するアプリ『Zeetle(ジートル)』(iOS/Android対応、無料)をバージョンアップし、ショップカード機能をさらに拡充しました。『Zeetle』のバージョンは3.0となり、本日よりダウンロードすることができます。

App Storeダウンロードページ
https://itunes.apple.com/jp/app/zeetle-yinde-jian-dan-song-xin/id473605282?mt=8
Google Playダウンロードページ
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.sstouch.jiriri


<トップメニュー>
新しい『Zeetle』は3つのトップメニューから構成されます。
●データを受け取る
ショップカードやクーポン、および写真や連絡先などのデータを受け取るときはこちらを選択します。
●データを送る
ショップカードやクーポン、および写真や連絡先、ファイル、ウェブサイトなどのデータを送るときはこちらを選択します。
●Zeetleカード
Zeetleショップカードサービス加盟店が発行するデジタルショップカードを使ってお店のお得なクーポンを利用したりポイントを貯めたりショップカードを友だちに紹介するときはこちらを選択します。
図1:3つのトップメニュー構成
http://www.atpress.ne.jp/releases/38802/1_1.png


<ショップカード機能がさらに充実>
新しい『Zeetle』ではショップカードがさらに使いやすくなりました。カードを広げて表示でき、カードをとても見やすく簡単に探せるようになりました。
図2:ショップカードを広げて表示
http://www.atpress.ne.jp/releases/38802/2_2.png

また、ショップカードについているクーポンやお店から届く特典情報もさらにわかりやすくなりました。
図3:ショップカードもさらに使いやすく
http://www.atpress.ne.jp/releases/38802/3_3.png

加えて、『Zeetle』の特長のひとつであるショップカードを友だちに紹介できる機能もさらに使いやすくなりました。カードをフリックすると“Zee”という音が鳴り友だちのスマホにカードを渡すことができます。また、Facebook、LINE、TwitterなどのSNSでも簡単にカードを紹介することができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング