「ソーシャルビジネス・社会起業家に関する若者認知度調査」結果を発表

@Press / 2013年9月18日 12時0分

コンセプトの認知度
次世代を担う若者への機会提供を通し、起業家型リーダーの輩出と、社会にイノベーションを生み出すことを目指すNPO法人ETIC.(所在地:東京都渋谷、代表理事:宮城 治男、以下 ETIC.)は、ソーシャルビジネス・社会起業家というコンセプトに関する認知度調査を実施しました。
なお、本調査は、株式会社セレス(所在地:東京都港区、代表取締役:都木 聡、以下 セレス)の協力を得て、セレスの運営するポイントサイト・モッピーの登録会員を母集団とする全国の20代・30代の男女を対象としております。

近年、「ソーシャルビジネス」やその担い手である「社会起業家」に注目が集まっています。ETIC.が2013年5月より開始したソーシャルビジネス/NPO/ベンチャーに特化した求人サイト「DRIVE( http://www.etic.or.jp/drive/ )」では、これからソーシャルビジネスの担い手となるであろう20代・30代の認知度や関心・経路について本調査で明らかにすることにより、今後の取り組みに活用していく所存です。以下に調査から得られた主要な示唆をまとめ、報告いたします。


<要約>
20代・30代の若者の64%が、ソーシャルビジネス・社会起業家という言葉を聞いたことがある。また、全体の7%は「内容まで詳しく知っている」と答えている。
コンセプト認知  : http://www.atpress.ne.jp/releases/38859/1_1.JPG
年代・性別の認知度: http://www.atpress.ne.jp/releases/38859/2_2.JPG

20代・30代の若者のうち42.2%が「ソーシャルビジネス」、「社会起業家」というコンセプトをテレビ経由で認知している。次点のニュースサイトは23.7%となっており、テレビと大きく差がついている。
コンセプト認知経路: http://www.atpress.ne.jp/releases/38859/3_3.JPG

20代・30代の若者の間で最も認知度が高かったのは、「日本ブラインドサッカー協会」の6.7%であった。以下、「株式会社マザーハウス」、「エイズ孤児支援NGO・PLAS」と続く。
認知度ランキング: http://www.atpress.ne.jp/releases/38859/4_4.JPG


詳細は、添付ファイル、もしくは、DRIVEサイトをご覧ください。
添付ファイル: http://www.atpress.ne.jp/releases/38859/a_5.pdf
DRIVEサイト : http://www.etic.or.jp/drive/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング