タブレットやデジタルサイネージと連動した複数のコンテンツをNFCタグから動的に配信する「Dynapick(ダイナピック)」を開発

@Press / 2013年9月26日 10時30分

大型のタブレット端末と組み合わせた例
スマートフォンやタブレット向けのアプリ・システム開発を手がける株式会社アクアビットスパイラルズ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:萩原 智啓)は、タブレット機器やモニタなどと連動して1枚のNFC(近距離無線通信)タグから複数のコンテンツを配信する仕組み「Dynapick(ダイナピック)」を開発いたしましたのでお知らせいたします。


【開発背景】
アクアビットスパイラルズは、5月8日から10日まで東京ビッグサイトで開催された「2013 Japan IT Week 春・第3回スマートフォン&モバイルEXPO」で、iPadに表示されているコンテンツと動的に連動した情報を1枚の静的なNFCタグから配信する「iPadでもNFC」をデモ展示いたしましたが、予想を超える反響と製品化を望む声を多くいただきましたため、この度、iPadに限らず各種タブレット端末やデジタルサイネージなどと連動できる汎用的なシステムとして「Dynapick(ダイナピック)」を開発し、製品化することといたしました。

国内でもNFCタグをコンテンツ配信に活用するO2O(オフライン to オンライン)事例が増えてきましたが、通常NFCタグには1つのコンテンツ情報(URL)しか記録できないため、例えば5種類のクーポンを配信するには5枚のNFCタグが必要でした。

一方、ICタグのメモリ内情報を動的に書き換える「ダイナミック・タグ」と言われる方法もありますが、専用のハードウェアが必要となることからまだまだ対応端末も少なく、開発コストや導入コストの面からもコンテンツ配信への導入事例はほとんどありません。


【ダイナピックの特徴】
今回アクアビットスパイラルズが開発した「Dynapick(ダイナピック)」では、1枚の静的なNFCタグから配信されるコンテンツを、タブレット操作やモニタ上の表示コンテンツと連動させて動的に更新することができます。この機能により、例えば5種類の店舗情報を表示するデジタルサイネージと組み合わせることで、その時画面に表示されている店舗情報と常に連動したクーポンを1枚のNFCタグから配信する、といったことが可能になります。

配信用のNFCタグには一般的に販売されているシール状のタグなどが使用できるため「ダイナミック・タグ」方式のように特別なハードウェアを必要としません。また情報表示端末との物理的な接続や電源ケーブルなども不要ですので、どこにでも配置することができます。さらに情報表示端末自体にもNFC機能を必要としませんので、iPadやiPhone、デジタルサイネージ、NFC非搭載タブレット、WindowsやMac、TVや大型モニタなど、あらゆる情報表示デバイスと連動させることができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング