「ゼクシオ エイト」アイアンを新発売

@Press / 2013年10月7日 14時0分

アイアン メインカット
ダンロップスポーツ(株)(本社:神戸市、社長:野尻 恭)は、「ゼクシオ」ゴルフクラブの8代目モデルとなる「ゼクシオ エイト」アイアンを12月7日から新発売します。メーカー希望小売価格は、 8本セット(#5~9、PW、AW、SW)が「MP800」カーボンシャフト装着で本体価格176,000円+税、「N.S.PRO 900GH DST for XXIO」スチールシャフト装着で本体価格144,000円+税です。5本セット(#6~9、PW)、単品(#4、#5、AW、SW)もあります。
「ゼクシオ」は、2000年の発売以来多くのゴルファーの方々からご好評をいただき、14年間売上NO.1※1を続けているゴルフクラブです。 また横峯さくら選手、北田瑠衣選手をはじめとするツアープロも「ゼクシオ」で多くの勝利を重ねています。
今回発売する「ゼクシオ エイト」は、ゴルファーの皆様からの『もっと振りやすく、もっと遠くへ気持ちよく飛ばしたい』という要望にお応えするために、さらにその性能を進化させ、「ゼクシオ セブン」を超える大きな飛びが実現しました。※2

※1:矢野経済研究所調べの全国主要小売店店頭販売実績集計(2000年~2013年8月実績まで)において、サブブランド別ウッド、アイアン合計金額において年間売上14年連続NO.1。
※2:当社計測データ


■「ゼクシオ エイト」アイアンの特長
1. ゴルファーのパワーを最大限に引き出す、新「デュアル スピード テクノロジー」
「ゼクシオ セブン」で採用した、ゴルファーのパワーを最大限に引き出す当社独自の技術「デュアル スピード テクノロジー」がさらに進化。ヘッドスピードとボールスピードの「2つのスピードアップ」を実現させています。
 [1]ヘッドスピードアップテクノロジー
スイング慣性モーメント※3を小さくしてヘッドスピードをアップ
従来モデルと比べて、グリップの重量を1g、カーボンシャフトを1g軽くした結果、ヘッド重量はそのままにクラブ全体で2g軽量化しました。また、シャフト重心位置を従来モデルより10mm手元寄りにしたことによる相乗効果で、スイング慣性モーメントが小さくなり、ヘッドスピードアップを実現することができました。       
※3:肩を中心とした回転運動の慣性モーメント

しっかり振り抜きたいユーザーのために、従来モデルよりも2g軽量化、10mm手元重心化した専用スチールシャフトを日本シャフト社と新開発しました。
    
[2]ボールスピードアップテクノロジー
ミスヒット時のパワーロスを低減して平均ボールスピードをアップ
フェース下部の肉厚を薄くすることで、アベレージゴルファーの打点であるフェース面下部の反発性能がアップしました。また、ターゲットゴルファーの打点に合わせた番手別スイートエリア設計で、平均ボールスピードがアップしました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング