ハンモック、EMCジャパンの帳票自動仕分けツールを販売開始

@Press / 2013年10月9日 12時0分

「EMC Captiva」システム全体イメージ
株式会社ハンモック(本社:東京都豊島区、代表取締役:若山 正美、以下 ハンモック)は、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修)が提供する帳票自動仕分けツール「EMC Captiva」を10月9日に販売開始します。

「EMC Captiva」システム全体イメージ画像
http://www.atpress.ne.jp/releases/39455/1_1.png


■背景
ハンモックはこれまでOCR製品をはじめ、さまざまなデータキャプチャーソリューションを販売してまいりましたが、この度、非定型帳票のデータ化やバックオフィスシステムへ取り込むための仕分け作業を軽減したいというお客様の要望にお応えするため、「EMC Captiva」をリリースいたします。


「EMC Captiva」はOCR帳票に限らず、これまで人手に頼らざるを得なかった非定型帳票の振り分け処理やデータ処理を自動化します。仕分けられた帳票やデータは他システムと連携することにより、より効果的に情報を活用することができます。
また、オペレーターが手動操作した仕分け処理やOCR処理を分析する、高性能な自動学習機能も搭載しています。これにより、システムに未登録の新規帳票もわざわざ登録する必要がなく、かんたんに運用することができます。


■特長
1.帳票仕分けテンプレートを自動作成
通常、このようなシステムの導入時には使用する帳票を分類する必要がありますが、「EMC Captiva」はこの分類作業(自動仕分けするためのテンプレート作成)を自動で行うため、導入時の作業時間を大幅に短縮します。

2.帳票を任意のフォルダーに自動仕分け
スキャナーやFAXサーバーで取り込んだイメージファイルを指定したフォルダーへ自動保存することにより、人手での振り分け作業を自動化します。

3.帳票内の文字を読み取りデータ抽出
帳票仕分けテンプレートに抽出項目を設定することにより、仕分け作業と同時に指定した項目をOCR処理します。抽出したデータはCSVファイルとして出力はもちろん、さまざまなバックオフィスシステムと連携し、帳票データを有効活用することができます。

4.オペレーターの操作を自動学習
新規の帳票など「EMC Captiva」に未登録の帳票を読み込んだ場合、オペレーターは振り分け処理やデータ抽出処理を手動で行います。同じ帳票に対して一定期間この手動操作が繰り返されると、その処理を自動学習して操作を自動化します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング