ジャドマ通販研究所調べ 10代女性の半数がネット通販におけるSNSの今後の影響力を予想

@Press / 2013年10月9日 13時0分

10代女性の半数がネット通販におけるSNSの今後の影響力を予想
公益社団法人 日本通信販売協会(=JADMA、事務局・東京都中央区、佐々木迅会長、正会員508社:9月末現在)では、設立30周年を記念して、通販の現在、そして将来の通販事業について、事業者、消費者の方々に幅広く情報発信する「ジャドマ通販研究所( http://www.jadma.org/tsuhan-kenkyujo/ )」を開設しました。今後は、定期的に通信販売に関する情報を調査レポートとして発行していきます。
その第一弾として、「ネット通販に関する消費者実態調査2013」をテーマに、インターネットリサーチにより過去1年以内にネット通販を利用した15歳~69歳の男女を対象に、2013年8月30日~9月3日の5日間で調査を行い、計1,000の有効サンプルを得ました。第一弾の調査レポートは以下の通りです。


~ネット通販とSNSの関係性~「LINE」のネット通販参入、SNSの将来的な影響力をどう見る?

◆10代女性の半数がネット通販におけるSNSの今後の影響力を予想
◆ネット通販への影響力が高いSNS 10代が選ぶ1位はTwitter、20代が選ぶ1位はFacebook

利用者が急拡大を続ける「LINE」がインターネット通信販売(以下、ネット通販)事業への参入を発表しましたが、人間関係を背景としたSNSは、将来的に消費者のネット通販利用時の行動にどの程度影響を与える可能性があるのでしょうか。

過去1年以内にネット通販を利用した15歳~69歳の男女1,000名(全回答者)に対し、インターネット通販利用時の商品選びで、今後影響を受けやすいと思うSNSについて質問したところ、全体の2割(20.8%)が今後影響を受けやすいSNSがあると回答し、特に10代女性では半数(49.4%)がSNSの影響力を予想しました。また、SNSの影響力を予想した208名では今後影響力があるとしたSNSは、トップがTwitter(48.1%)で約半数、次いでFacebook(41.8%)、LINE(27.9%)が続きました。ECの未来予想図を語るのに欠かせない10代・20代では、影響力1位に選んだSNSが異なり、10代ではTwitter(68.1%)、20代ではFacebook(53.3%)という結果となりました。
また、ネット通販利用時のデバイスで分類した《スマホ派(53名)》《スマホ・PC両刀派(144名)》では、約4割(スマホ派:39.6%、スマホ・PC両刀派:42.4%)が今後何らかのSNSに影響を受けやすいと思うと回答しました。

@Press

トピックスRSS

ランキング