サテライトオフィス、Google Apps(TM) 導入企業向けのドキュメント管理機能に既存システムとのデータ連携機能を追加 サービス名:サテライトオフィス・ドキュメント管理 for Google Apps

@Press / 2013年10月23日 10時0分

既存システムとの連携機能
Google Enterprise Partner であり、Google Apps for Business(TM) (以下 Google Apps )の正規販売代理店である株式会社サテライトオフィス(本社:東京都江東区、代表取締役社長:原口 豊、 http://www.sateraito.jp/ )は、Google Apps の Google サイト上で稼働するドキュメント管理機能を、Google App Engine 上で開発し、Google Apps Marketplace から無償提供しております。このたび、ドキュメント管理機能のデータと、既存システムのデータ連携を実現するデータ連携(EAI)ツールを開発し、無償提供いたします。
(サービス名:サテライトオフィス・ドキュメント管理 for Google Apps )

サテライトオフィスは、Google Apps 導入支援の中で、Google Apps で利用可能なシングルサインオン機能、ワークフロー機能、組織カレンダー機能、組織アドレス帳機能等を無償提供しております。今回は、Google Apps 導入企業で特にニーズの多かった、Google Apps 上で稼働するドキュメント管理機能に、既存システムとのデータ連携を可能にするデータ連携(EAI)ツールを無償公開します。ドキュメント管理内の、ユーザー情報、各種項目マスター、ドキュメントデータを、CSVなどでインポート/エクスポートが可能になります。


サテライトオフィス・ドキュメント管理 for Google Apps の主な機能は下記の通りです。

・ドキュメント管理機能(添付ファイル、入力フォーム形式)
・入力フォーム機能(テキストフィールド、リッチテキストフィールド、リンク機能、日付フィールド、ラジオボタン、オプションボタン、入力マスター管理機能、添付ファイル)
・一覧ビュー機能(カテゴリーごと、文書種別ごとに、表示ビュー項目を設定可能)
・フィールドごとの閲覧/編集権限機能
・リッチテキストフィールド機能(画像、太文字、文字サイズ、色などの使用が可能)
・添付ファイル機能( Google App Engine 内に保存)
・ショートカットリンク機能(ノーツでおなじみの機能:文書間リンク機能)
・リッチテキスト内に、添付ファイル埋込みアイコン表示(ノーツでおなじみの機能)
・フォルダー機能(ツリー型のフォルダーを実現)
・ラベル機能(複数のラベルを貼ることが可能、文書種別)
・入力マスター管理機能
・アクセス権限管理(フォルダーごとにアクセス権限が可能、文書種別にアクセス権限が可能)
・アクセスログ(閲覧、新規作成、更新、削除、ダウンロードログが取得可能)
・未読/既読管理機能
・公開日管理機能(公開日を指定することが可能)
・バージョン管理機能(バージョンNo.管理+変更理由の保存が可能)
・全文検索機能(全文の文字検索が可能)
・ワークフロー機能(文書を公開する為のワークフローが可能)
・ドキュメント廃止申請機能(ドキュメントを廃止する場合もワークフローの実施が可能)
・メールの中に、ドキュメント表示&公開承認機能:クイックビュー機能
・システム仮想化機能(同じドメイン内で複数の同じシステムを複数作成可能)
・文書一括アップデート機能(カテゴリー一括変更、ラベル一括変更など)
・ノーツからの移行ツール
・英語対応
・ドキュメント内の日付とGoogleカレンダー連携機能
・既存システムとのデータ連携機能

また、今後の機能拡張は下記の通りで、近日中にリリース予定です。

・多言語対応
・スマートデバイス専用画面対応

今後も、機能拡張の要望も受け付け、実施していきます。


これらの機能は、Google App Engine 上で稼働するために、非常に安定性が高いのが特徴です。また、Google Apps Marketplace から無償提供にて公開しており、利用したい企業の管理者は、Google Apps Marketplace からサービスの追加作業をするだけで、企業内メンバーの利用が可能です。ハードウェアやソフトウェアは別途必要ありません。アンインストールも容易です。


<利用条件>
Google Apps for Business、Google Apps for Education を利用している全ての企業、全ての利用ユーザーの方がご利用可能です。また、導入企業は、ハードウェアやソフトウェアを用意する必要はありません。インターネットが利用できる環境であれば、ご利用可能です。IE6 / 7 / 8はサポート外になります。


<サテライトオフィス・ドキュメント管理 for Google Apps に関するURL>
http://www.sateraito.jp/Google_Apps_Document_Management.html

<サテライトオフィス製品または、サービスの機能拡張・要望受付に関するURL>
http://www.sateraito.jp/yobo.html


【株式会社サテライトオフィスについて】
株式会社サテライトオフィスは、社内アイデア6%ルールから設立され、リモート環境・サテライト環境でビジネス支援を目指すことを目的とし、旧ベイテックシステムズから社名変更をいたしました。

Google Enterprise Partner は、Google が保有する企業向けソリューションに付加価値をつけるサービス、ソリューションを提供するシステムインテグレーター、コンサルタント、独立系ソフトウェアベンダーから構成されます。Google 認定のトレーニングを受講した Google 企業向け製品のスペシャリストであり、且つ、各社プロフェッショナル分野からのコンサルティングと共に Google 企業向けソリューションの提案、販売を行うパートナーです。Google Enterprise Partner に関する詳細は、 http://www.google.com/enterprise/gep/ をご確認ください。


<株式会社サテライトオフィスに関するURL>
http://www.sateraito.jp/

< Google Apps について>
http://www.google.co.jp/a/

< Google Apps Marketplace について>
http://www.google.com/enterprise/marketplace/


※ Google、Google Apps、Google Apps Marketplace は Google Inc. の商標、または登録商標です。その他、掲載された社名及び製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。


<株式会社サテライトオフィス 会社概要>
◆社名  :株式会社サテライトオフィス
      URL: http://www.sateraito.jp
◆資本金 :7,000万円
◆代表者名:代表取締役社長 原口 豊
◆社員数 :55名(含契約社員)
◆所在地 :〒135-0016 東京都江東区東陽2-2-4 マニュライフプレイス東陽町7F
◆業務内容
株式会社サテライトオフィスは、クラウド環境またはサテライト環境でのビジネス支援に特化したインターネットシステムソリューションベンダーです。あらゆるビジネスモデルに最適なソリューションパッケージにより、ユーザーの立場に立った戦略の企画・提案を行っています。また、「サテライトオフィス・プロジェクト」というプロジェクト体制のもと、Google Apps を使った社内情報システムの導入支援サービス、クラウドコンピューティングのビジネスの可能性を追及していきます。2008年より Google Enterprise Partner として、Google に認定された技術をもって、よりユーザー満足度を追求した製品開発・サービス提供に努めております。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング