マンション住民を“孤立”から救う防災・防犯イベントを、つなぐネットが実施

@Press / 2013年11月6日 14時0分

マンション共用部でワークショップなどのイベントを開催
マンション向け防災支援・インターネットサービスを提供する株式会社つなぐネットコミュニケーションズ(代表取締役社長:石塚 和男、本社:東京都千代田区、以下 つなぐネット)は特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクールなどと共同で、神奈川県相模原市の大規模マンションにて親子で学べる防災・防犯イベントを実施いたしました。


【マンション生活者を取り巻く“孤立”】
総務省「都市部のコミュニティに関するアンケート調査」(※1)では、就労時間が一日8時間以上の方が80%以上を占め、近所付き合いも「ほとんどない」が85.3%、自治会や町内会に「参加したことがない」も62.2%という結果も出ています。

これらの結果から、都市部に住むマンションの住民も忙しさからつい孤立しがちになってしまい、近年 指摘されるような「近所付き合いの希薄さ」が生まれていると考えられます。

◆それでも、災害・犯罪発生時に必要な「共助」
首都直下地震や南海トラフ巨大地震等の危機が迫る中、もしも大震災が日中に発生した場合、子どもたちは家に取り残され、親は帰宅できないといったケースが想定されます。また、「警察庁2012年犯罪情勢」(※2)によれば、子どもたちが犯罪被害に遭うことの多い場所のひとつとして、共同住宅が挙げられています。
こういった災害や犯罪発生時の被害を最小限に抑えるためにも、子どもたち自身の防災・防犯知識向上や大人たちの「共助」が必要とされています。

このような背景から、つなぐネットでは 2013年度グッドデザイン賞を受賞した「『マンション内被災生活』実現支援プログラム」と、防犯プログラムを組み合わせた家族参加型イベントを2013年10月6日(日)に企画・実施いたしました。


【体で実感する防災・防犯知識】
今回は、5つの防災プログラムすべてに参加すると景品と修了証がもらえるスタンプラリーを行い、子どもたちの参加意欲向上を実現しました。また、大人向けセミナーではベランダの蹴破り板を実際に蹴破る体験会や、三菱地所コミュニティ株式会社提供による備蓄食の試食会も行いました。
さらに、初の試みとして防犯プログラムも併せて実施。防犯マジックショーや紙芝居など、楽しく防犯を学べる機会を提供いたしました。

◆主なプログラム
<家族の約束シートづくり>
「ひとりでいるときに地震が起きたら、どうやって家族に無事を知らせる?」といったクイズを出して子どもたち自身に考えさせつつ、親子で家族の約束ごとを確認できるプログラムを実施しました。

@Press

トピックスRSS

ランキング