ビジネスの醍醐味を語り合う!「お・も・て・な・し」をビジネスに

@Press / 2013年10月23日 15時0分

LM-Gロゴ
 経営コンサルティングを手がける株式会社リンクアンドモチベーション(以下LM)は、2013年11月23日(土)、24日(日)に、第三次産業(サービス業)の企業の社員と大学生との討論イベントを開催いたします。
 このイベントは、将来的に、日本の経済成長を牽引する第三次産業に、優秀な人材を呼び込むことを目指したものです。2日間で5回開催します。


【実施の背景】
■日本の経済成長を牽引するのは、サービス業界
 日本政府はクール・ジャパンをビジネスにつなげるという視点から、ものづくり、地域おこし、食、ファッション、デザインなどで、海外展開の具体的な進め方を推進しており、多くのサービス企業が事業成長を求めて、新しく海外市場への挑戦を加速させています(経済産業省:クール・ジャパン官民有識者者会議 提言について)。

 また、東京オリンピック招致のスピーチで話題になりましたが、「おもてなし」は先祖代々受け継がれ、現代日本の先端文化にもしっかりと根付いている、日本の心ともいうものです。実際に外国からおとずれる方などと接し、この「おもてなし」を体現するのは、多くはサービス業に従事する方々です。
今後の、日本の経済成長を牽引するのは、第三次産業であるサービス業界です。


■ビジネスを創る人材を呼び込みたい
 新卒採用マーケットにおいて、第三次産業(サービス業)は、顧客と接する店舗や人材のイメージが強く、マーケティング、商品企画、サプライチェーンの構築、ビジネスアライアンス、グローバル展開などのイメージが湧きづらい現状があります。
 一方で企業側は、「おもてなし」といった面はもちろん、ビジネスのダイナミズムを感じたい優秀人材にも、興味をもって入社してもらいたいと考えています。

 LMでは、第三次産業に属する顧客企業の方々との情報交換などを行っています。そのなかで、優秀な人材に、就職先としてサービス業界を積極的に検討してもらうためには、個別企業の情報提供の前に、まずはサービス業界の成長性や未来像を考えるきっかけを提供することが重要だと考え、「Service JAPAN Project」を開催することとしました。


【「Service JAPAN Project」概要】
■開催の内容
 ・国の視点から見る第三次産業
 ・第三次産業のミカタ-サービス産業の未来を構想するワークショップ
 ・参画企業からのメッセージ
 ・未来セッション社員座談会-学生との徹底討論
 ・働くイメージ醸成
 ・個別質問会

■開催日と場所
 ・開催日:2013年11月23日(土)、24日(日) 
 ※2日で合計5回開催 1開催あたり2時間30分
 ・会場  :都内
 ・対象 :キャリアを考えたい大学生・大学院生

■参加企業
 ・アイ・ケイ・ケイ株式会社
 ・株式会社セブン-イレブン・ジャパン
 ・株式会社プラン ドゥ シー
 ・株式会社三越伊勢丹ホールディングス
 ・日本航空株式会社
 ・ワタミ株式会社
  ※残枠些少ですが、企業様からのお問い合わせもお待ちしております。

■「Service JAPAN Project」公式サイト
   http://www.servicejapan.jp/


@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング