<消費税率の引き上げにともなう消費意識調査>増税前に駆け込み消費をするのは全体の2割弱に留まるも、今後5年内に大きな買い物を見込む割合は4割近くに上る

@Press / 2013年10月30日 14時0分

消費税率引き上げ前の「大きな買い物」の意向
シニアマーケットの専門機関である株式会社シニアコムは、2013年10月上旬に50歳以上の男女に対して、「買い物に関するアンケート第三弾」と題した調査を実施しました。

・調査手法 :WEBアンケート調査
・対象者  :50歳以上の男女個人(シニアコムMASTER会員)
・有効回答数:902人(男性632人 女性270人)
・実施時期 :2013年10月

この「買い物に関するアンケート」は、景況感や税制変更などにあわせて生活者の買い物行動や意識を尋ねるシリーズ調査になり、今回は10月初旬に政府より消費税率の引き上げが発表されたタイミングで、税率アップ前の買い物意向およびその理由や動機などを聴取しました。


《調査結果サマリー》
・消費税率の引き上げ前に、高額な買い物やローンを組んで買うような「大きな買い物」をするのは2割弱に留まり、その背景には、シニアならではの「熟練消費者の意識」と「安心志向の意識」が影響している。

・ただし「金融資産3,000万円以上」の富裕層では、駆け込み消費の意向が4人に1人の割合で見られ、具体的に購入しようと思うジャンルには「旅行」が特徴的に挙がる。

・また今回の消費税率の引き上げ時期に関わらず、今後5年のうちに「大きな買い物」をする見込みをうかがうと、全体のおよそ4割近くが具体的に「大きな買い物」を見込んでおり、特に「不動産/自動車/旅行」を中心とした商材の購入意向を持ち合わせている。

・さらにそのような買い物ニーズは、「購入した商品が古くなる/買い替えの時期が来る」といったプロダクトのライフサイクルに関連するものに加え、定年退職や子供の独立、家族の介護といったシニア期ならではのライフステージの変化がスイッチになっている。


■消費税率の引き上げ前に「大きな買い物」をするのは2割弱に留まる
まずアンケートでは、高額な買い物やローンを組んで買うものを「大きな買い物」として、消費税率が引き上げられる2014年4月までに「大きな買い物」をする意向を聴取しました。
http://www.atpress.ne.jp/releases/40155/1_1.png (グラフ画像)

・50代以上で増税前の駆け込み消費を示す「大きな買い物をする」と答えた割合は15~19%に留まり、8割強が「大きな買い物をしない」財布の紐が固い消費者と言えます。
・マクロミルが行った同様の調査結果を参照しても、若年層と比べて消費意向の差が見て取れます。

@Press

トピックスRSS

ランキング