AvePoint、Microsoft Office 365の運用管理を実現する新製品 DocAve Online サービスパック 2 を発表

@Press / 2013年11月6日 15時0分

DocAve Online ログイン画面
ソーシャル エンタープライズ コラボレーション プラットフォームのためのガバナンス・コンプライアンス管理ソリューションを提供するAvePoint(本社:米国ニュージャージー州ジャージーシティ)の日本法人AvePoint Japan株式会社(本社:東京都港区高輪、代表取締役:塩光 献)は本日11月6日より、Microsoft Office 365の運用管理を実現する新しいSaaS クラウド プラットフォーム、「DocAve Online サービス パック (SP) 2」の国内提供を開始したことを発表いたします。

http://www.avepoint.co.jp/sharepoint-online-docave/

DocAve Onlineは、Office 365の環境やセキュリティの管理、コンテンツの再構築、同期、公開を可能にするなど、組織のビジネス要件に合ったクラウドコンピューティングの拡張を可能にします。

今回の最新版からはSharePoint Online、SkyDrive Pro、Exchange Online環境における最小単位のコンテンツ保護、フェールオーバー、全体的な監査レポートなどの機能が追加され、クラウドベースの資産に対してもオンプレミス環境内のソリューションと同じレベルの保護とコントロールを提供します。


DocAve Online SP2では、以下の機能が新たに追加されました。

●強化された権限管理 ― DocAve Online 管理センター インターフェイスから、チームサイトやプロジェクトサイトへの一時的なアクセス権限をユーザーやグループに対して付与することができます。権限はアクセスを付与したユーザーが指定する日時で自動的に失効するため、必要な期間のみのアクセスを実現できます。

●Microsoft SkyDrive Pro コンテンツのバックアップ ― 強力な最小単位リストア機能を使用することで、破損したり誤って削除されたドキュメントやサイトでも迅速にリストアすることができます。対応するストレージ場所であればどこへでもSkyDrive Pro コンテンツの完全バックアップを実行することが可能です。

●監査機能の強化 ― 新たに追加されたエンタープライズ クラスの監査機能により、DocAve レポート ポイント(※1)と同様の操作をDocAve Onlineでも実行できます。これにより、コンテンツだけでなくSharePoint Online テナント全体の設定やセキュリティに対して誰が削除したか、変更したかなどの情報を収集・表示することができるようになります。レポートはローカルシステムへのエクスポートのほか、SharePoint ライブラリで直接公開して分析に役立てることが可能です。

@Press

トピックスRSS

ランキング