使用済み太陽光パネルの回収・再資源化サービスの提供開始 ~回収から資源化まで1ストップで受託~

@Press / 2013年11月12日 10時30分

処理フロー
一般財団法人太陽光発電システム鑑定協会(本社:東京都千代田区、代表理事:円谷 智彦)は、使用済みの太陽光パネルを回収し、再資源化するサービスを、2014年1月末からの開始を目途に体制を整えます。

「太陽光発電システム鑑定協会」 http://www.pv-kantei.or.jp


【提供の背景】
太陽光発電システムはFITを背景に急速に普及が進んでいますが、使用済みの太陽光パネルの廃棄方法は定まっておらず、更には大量廃棄を目前に控えながらも幾つもの課題が解決されていないのが現状です。

▼使用済みの太陽光パネルの廃棄については、下記5点の課題があります。
(1)太陽光パネルは鉛などの有害物質が含まれている場合もあること
(2)個々の太陽光パネルについて鉛など有害物質の含有情報の一元管理がされていないこと
(3)全国で統一した廃棄ルールがなく一部地域では一般廃棄物として粉砕・埋立処理されていること
(4)太陽光パネルからはアルミニウム、ガラスや銀などの有価物の回収が可能であり、埋立処理ではなく再資源化すべきであること
(5)戸建住宅の再資源化には10万円以上の費用が掛かること

これらの課題を解決するため、太陽光発電システム鑑定協会では、ガラス再資源化協議会や大手精錬会社と連携し、回収から再資源化までを一貫して受託する「使用済み太陽光パネルの回収・再資源化サービス」を開始します。


【「使用済み太陽光パネルの回収・再資源化サービス」概要】
<特長>
太陽光発電システム鑑定協会では、関連団体・企業と連携し、パネルメーカー、型式を問わず使用済み太陽光パネルを回収し、再資源化まで一貫して受託できる体制を整えます。この一貫したサービスは国内初の試みであり、関係者からは大きな期待が寄せられています。
また、回収した太陽光パネルの内品質が良い場合はリユースし、売上益はお客様に返還するなど、幅広く、丁寧なサービスを実現いたします。

<価格(税別)>
1,200円/枚
(指定収集場所への持ち込み、18kg/パネル以下の結晶系太陽光パネルの場合)
※:パネル枚数の多い発電所の場合は、より低価格での回収が可能です。


■協会概要
商号  : 一般財団法人太陽光発電システム鑑定協会
代表者 : 代表理事 円谷 智彦
所在地 : 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-3
設立  : 2012年7月
事業内容: 太陽光発電システムのメンテナンス支援
URL   : http://www.pv-kantei.or.jp


【本サービスに関するお客様からのお問い合わせ先】
一般財団法人太陽光発電システム鑑定協会
Tel:03-5213-4344

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

廃棄量予測

@Press

トピックスRSS

ランキング