BEWITH、パガーニ ウアイラのためのオプショナルオーディオシステムをパガーニ・ジャパンより受注

@Press / 2013年11月6日 13時30分

BEWITH Prime Ensemble for Huayra
ビーウィズ株式会社(本社:佐賀県鳥栖市、代表取締役:中島 敏晴)は、このたび、イタリア パガーニ社製の高級スポーツカー「ウアイラ(Huayra)」の日本仕様車のためのオプショナルオーディオシステムをパガーニ・ジャパン(住所:東京都千代田区永田町2-12-4、代表取締役:武井 真司)から受注し、順次納入を開始する運びとなりました。

このシステムは、当社がパガーニ ウアイラの車体構造に合わせて専用開発したもので、世界唯一のオール偏芯コーン型スピーカーや新開発の音響専用マグネシウム合金「MAGNEOLA(マグネオラ)」による超軽量・高剛性設計をはじめとする独創的な技術を集約しています。

なお、このオーディオシステムは「BEWITH Prime Ensemble for Huayra」(ビーウィズ プライム アンサンブル for ウアイラ)の名称でパガーニ ウアイラの日本仕様車の有償オプションに設定され、2014年春からパガーニ・ジャパンを通じて販売される予定です。


【BEWITH Prime Ensemble for Huayra(ビーウィズ プライムアンサンブル for ウアイラ)】
セット内容:オール偏芯コーン型13cm 2Wayスピーカーシステム(専用バッフル組み込み式)、4chパワーアンプ、マルチプロセシングDACシステム、ルームミラー型リニアPCMプレーヤー(追加可能オプション)

<画像>
BEWITH Prime Ensemble for Huayra
http://www.atpress.ne.jp/releases/40393/1_1.jpg
BEWITH Prime Ensemble for Huayra 装着イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/40393/2_2.jpg
Pagani Huayra
http://www.atpress.ne.jp/releases/40393/3_3.jpg

* 画像はプロトタイプ機を撮影したものです。実際の製品とは多少異なる場合があります。


【「BEWITH Prime Ensemble for Huayra」 システム概要】
「BEWITH Prime Ensemble for Huayra」は、左右ドアの純正スピーカーと交換装着する「オール偏芯コーン型13cm 2Wayスピーカーシステム(専用バッフル組み込み式)」、前述のスピーカーシステムを高音質でマルチアンプ駆動する「小型軽量4chパワーアンプ」、車室内音響特性の厳密な補正に加えてオーナーひとりひとりの音楽的嗜好をも反映できる「マルチプロセシングDACシステム」、以上3点の専用オーディオコンポーネントを中心とした、世界最高峰のスーパースポーツカーにふさわしいシンプルかつハイグレードなオーディオシステムです。本システムは同時に、取り付けによって車両の価値を損なわないよう細心の配慮がなされており、ご希望に応じて純正システムに戻すことも可能です。
なお、本システムは純正装着オーディオデッキを音源として利用するため特別な操作は不要で、純正システムと同じ使い勝手を確保しています。また、さらなる高音質を望まれるオーナーのために、ルームミラー型リニアPCMプレーヤー(*)を音源として追加することができます。
* ルームミラー型リニアPCMプレーヤーは追加可能オプション(有償)で、装着には車両側の加工が一部必要です。


【「BEWITH Prime Ensemble for Huayra」 主な特徴】
1. 車両の性能や美観、操作性を損なわないカスタムメイドの軽量設計
新開発の音響専用マグネシウム合金「MAGNEOLA(マグネオラ)」をパワーアンプとマルチプロセシングDACシステムのボディ、およびスピーカーのバッフル部に採用し、音質や性能に妥協することなく搭載コンポーネントの質量を合計約4.9kg(接続ケーブル類を除く)にまで軽量化。音源には純正装着オーディオデッキを利用し、スピーカーの取り付け寸法も純正と同等にすることで、車両の性能や美観、操作性を一切損なうことなく本格的なHi-Fiサウンドをお楽しみいただけます。

2. オール偏芯コーン型13cm 2Wayスピーカーシステム(バッフル組み込み式)
ウーファー、トゥイーターともにユニットの中心軸がオフセットした、世界で唯一のオール偏芯コーン型スピーカーシステムを採用。フラットな周波数特性と低歪を実現するとともに、各ユニットの取り付け角度を45度ずつ8段階に調整できるため、車室内の音響特性とオーナーひとりひとりの体格・ドライビングポジションに合わせた音の指向特性が得られます。本システムでは、ウアイラの純正スピーカーと取り付け寸法を揃えた音響専用マグネシウム合金「MAGNEOLA」による専用開発AAP(Acoustic Anchored Platform)バッフルを介してスピーカーを組み付けることで、不要共振を抑えたクリアで瞬発力のある音質を実現しています。

3. マグネシウム合金ボディ採用の小型軽量4chパワーアンプ
極限までの小型化と軽量化、そしてウアイラの爆発的な動力性能に負けないほどのスピーカー駆動力を最良のバランスで達成するために、BEWITH初のカスタムIC(集積回路)によるコンパクトな4chパワーアンプを開発。音響専用マグネシウム合金「MAGNEOLA」ボディの採用とも相まって、質量わずか400gの軽量設計でありながら、40W×4の余裕あふれるパワーと高純度な音質を獲得しました。

4. 厳密な調整機能を備えたマルチプロセシングDACシステム
A/Dコンバーター、デジタルイコライザー、デジタルクロスオーバーネットワーク、D/Aコンバーターの4要素を1台に集約した最新世代のマルチプロセシングDACシステムを搭載し、スピーカーおよびパワーアンプの能力を最大限に発揮できるようウアイラの車室内音響特性を厳密に補正。さらに、オーナーひとりひとりの音楽的嗜好をより忠実に反映させた音質のカスタムチューニングにも対応する能力を備えています。パワーアンプと同じく、音響専用マグネシウム合金「MAGNEOLA」ボディを採用し、高音質と軽量化を妥協することなく両立しています。

5. ルームミラー型リニアPCMプレーヤー(追加可能オプション)
本システムは純正装着オーディオデッキを標準音源として利用しますが、さらなる高音質を望まれるオーナーのためにルームミラー型リニアPCMプレーヤー(STATE MM-1D相当品)(*)を音源として追加することができます。このリニアPCMプレーヤーはCF(コンパクトフラッシュ)メモリーカードをメディアとして使用するデジタルオーディオプレーヤーで、ハイエンド・カーオーディオ界のリファレンス機として高い評価を得ています。このプレーヤーとマルチプロセシングDACシステムとの間は音質劣化のない専用ケーブルによるデジタルダイレクト接続で結ばれます。
* ルームミラー型リニアPCMプレーヤーは追加可能オプション(有償)で、装着には車両側の加工が一部必要です。


■「BEWITH Prime Ensemble for Huayra」はビーウィズ株式会社が開発・製造および取り付け作業を担当し、パガーニ・ジャパンが販売する商品です。当社では販売しておりません。
■本プレスリリースの内容は発表時点での情報に基づいています。各機器およびシステムの構成・外観・仕様などは発売までに変更される可能性があります。画像には開発中のイメージが含まれます。
■本プレスリリースに記載された内容は、当社が納入する機器およびシステムの性能・機能に基づいて記載したもので、実際のサービスとして顧客に提供されないものが含まれる可能性があります。
■本プレスリリースに記載されたブランド名、商品名などは各社の登録商標です。

BEWITHの最新情報は、 http://bewith.co.jp で提供しています。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

BEWITH Prime Ensemble for Huayra 装着イメージ Pagani Huayra

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング