<横浜市政策局・日産自動車株式会社等後援>日本初!「スポーツGOMI拾い&防災マップ作りイベント」12月8日に開催オープンデータを活用し地域コミュニティ形成の場を創出

@Press / 2013年11月21日 11時0分

スポーツゴミ拾いの様子1
 総合不動産会社のリスト株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:北見 尚之)は、日本初の“スポーツGOMI拾い&防災マップ作り”イベントとなる『リストガーデンダイヤモンドパーク 街びらき防災スポーツゴミ拾い』を、2013年12月8日(日)に横浜市旭区左近山団地周辺にて開催いたします。
 本イベントは、当社が開発・分譲いたしました「リストガーデンダイヤモンドパーク」に入居される方々と、以前から住んでおられる左近山団地を中心とした地域住民の方々との“つながり”のきっかけを作る場として開催いたします。

■『街びらき防災スポーツゴミ拾い』とは
 地域住民が「スポーツGOMI拾い」と「地域防災マップ作り」をしながら交流を深めるまちあるきイベントです。当日は参加メンバー全員を「スポーツGOMI拾い+ガリバーマップユニット」と、地域防災マップの作成及び電子化を行う「ストリートマップユニット」の2ユニットに分けます。協力して作業を行うことで、地域防災を自分たちで考え、助け合えるつながりを生み出します。そんな本イベントを構成している要素は、以下の3つになります。

■要素1:新しい都市再生のソーシャルデザイン
 本イベントの舞台となる「リストガーデンダイヤモンドパーク」が位置している横浜市旭区は、人口減少・高齢化の進むエリアであり、また交通の便もバス中心と決して良くはない、いわゆる現代の日本における「多くの課題を抱えた郊外住宅地」と呼ばれる地域です。そういった地域においてリストガーデンダイヤモンドパークは、先述の諸問題を解決していく付加価値型の街づくりを提案し予定より早い完売となりました。これは「本格的な安心・安全のまちづくりが人口減の町を活性化する」という「郊外型住宅団地の新しいソーシャルデザインとしての形」として一定の評価をいただいたものと考えております。

■要素2:地域活性のためのコミュニティ創出の場を提供
 防災には必要とわかっていても、新築購入者の課題は“ご近所付き合い”です。東日本大震災が発生して以降、防災対策の一つとして「コミュニティ醸成」に注目が集まっています。しかし、現在の近所付き合いに満足している新築購入者は半分以下で、中古物件購入者に比べ約15%も低い結果となっており、新築購入者にとって「新たな地にどうやって溶け込んでいくか」は大きな課題となっています。(※1)
 また「地域のつながりは重要だと思う」と感じる人の割合は91%を超えるにも関わらず、ご近所付き合いに積極的な住民は15%に至りませんでした。(※2)

@Press

トピックスRSS

ランキング