食事を通した新しいコミュニケーションをつくる「社員食堂Lab.」クラウドファンディングで支援と新しい仲間を募集中

@Press / 2013年11月27日 10時30分

社員食堂Lab.
この度、食事を通したコミュニケーションでクリエイティブを増進する活動を行っている社員食堂Lab.(東京都中央区、運営責任者:笠原 敬太<THA FUTURE NETWORK>/運営者:伊藤 太一<ベクトカルチャー>)は、クラウドファンディングを利用し、安定的な場所の維持・運営と、活動をさらに発展させるための資金を集めるプロジェクトを開始しました。

社員食堂Lab.
http://miraitv.com/fc_lab/


【社員食堂Lab.とは】
空きビルをリノベーションするプロジェクトの一環として、2011年にオープンした「Creative Hub 131」。クリエイターが集まるそのビルの3階を共有スペースとし、ビルメンバーだけではなく、日本橋周辺の住人や訪れる人たちに開かれた、パブリックなスペースとしてはじまったのが「社員食堂Lab.」です。
このアイディアは、運営責任者である笠原が海外の日系モノづくり工場で仕事をしていたとき、言葉が通じない中で従業員に思いを伝えるために始めた、「社員食堂とトイレを綺麗にする」という小さなカイゼン活動がきっかけで生まれました。その体験をもとに生まれた社員食堂Lab.では「つくる、たべる、かたづける」の役割を分けず、協力し合って「楽しい食卓をつくる」「食事を通してコミュニケーションを図る」ことを「フードコミュニケーション」と呼んでいます。


【社員食堂Lab.の活動内容】
1) 日々の食事会
社員食堂Lab.では、曜日ごとにテーマを設定して、毎週食事会を開いています。一緒につくり、食べ、片付ける中で自然に会話がはじまります。特に目的をもたず、家族でも同僚でもない人同士が、「ひとつの空間で楽しく手づくりの食卓を囲む」ことが「お互いを知る」ためにとても大切なプロセスだと感じています。

2) mochicomeal 持ち込み+ミール
mochicomeal(もちこみーる)はみんなでごはんを持ち寄って食事ができる場所です。Creative Hub 131のビルメンバーだけでなく、地域に開かれた“みんなの社員食堂”として誰でも自由に参加が可能です。
https://www.facebook.com/Mochicomeal/info

3) アトリエとキッチンのマルシェ
社員食堂Lab.に集うクリエイターのネットワークから生まれた、新しいマーケットです。毎回テーマに沿ってアトリエ(雑貨、本、アクセサリーなど)やキッチン(フード、特製スイーツ、ドリンクなど)が集います。社員食堂Lab.から生まれたつながりが、地域の人や企業にまで広がり、11月にはビルを飛び出した3つの会場で、約60組のクリエイターが参加、来場者も800人近く集まる規模に成長しました。
http://1x3x1.jp/131marche/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング