iOS端末の資産管理・稼働管理・位置情報管理まで!iOS対応スマートデバイス管理ツール「LanScope An」最新バージョン11月12日リリース!

@Press / 2013年11月12日 11時0分

稼働管理
エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口 達也、以下 MOTEX)は、スマートデバイスの資産管理・セキュリティ管理ができるクラウドサービス「LanScope An」の最新バージョンを11月12日より発売開始します。最新バージョンでは、iOS端末での位置情報取得を実現し、これまでの資産管理同様、位置情報管理においてもAndroidとiOSの一元管理が可能となりました。

コンシューマへのスマートデバイス普及をきっかけに、最近では企業でのスマートデバイスの活用も本格化しています。多くの企業はスマートデバイスの導入を業績向上や現場業務の効率化に役立てたいという意識が強く、その副次効果として紙文書の削減などさまざまな導入効果を期待している一方で、「盗難・紛失による情報漏えい」や「費用対効果を明確にすることが困難」など懸念事項も多いのが現状です。
また、目的に合わせてiPad・iPhone、Android端末と選択する機種はさまざまで、結果「導入後のデバイス運用管理が困難」という課題も挙げられています。
そこで、この度「LanScope An」はiOS管理機能を大幅に強化しました。これにより、OSが混在する環境での資産一元管理はもちろん、紛失・盗難時のセキュリティ対策・位置情報管理まで、効率よく管理することができるようになります。


「LanScope An」の機能をご紹介するプロモーション動画を作成いたしました。下記URLより、実際の操作画面を動画でご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=sMZeZSfTKR4


「LanScope An」の全機能を60日間お試しいただける無料体験版をご用意しました。スマートデバイスを導入検討されている方、また導入後の費用対効果を明確にしたいとお考えの方向けに、下記Webサイトよりお申し込みを受け付けています。

「LanScope An」無料体験版お申込はこちら
http://www.motex.co.jp/an


【資産管理・稼働管理】
「LanScope An」で取得した資産情報を一元表示することができ、iOS・Androidの混在環境でも簡単に資産台帳を作成できます。また、端末の資産管理だけでなく稼働情報を確認することで、よく使われている端末や放置されている端末を視覚的に把握することができ、紛失・盗難リスクの早期発見や、端末の最適配置に役立ちます。

http://www.atpress.ne.jp/releases/40462/1_1.png


【位置情報管理】
端末の位置情報から複数端末の現在位置を地図上で確認することが可能です。これにより、外出者の現在地確認や紛失・盗難時の位置情報確認など、対応を効率化することができます。さらに、1日の行動を時系列で確認でき、訪問の結果報告としても活用できます。

http://www.atpress.ne.jp/releases/40462/2_2.jpg


【リモートロック・ワイプ】
遠隔からパスコードロック・データ消去に加え、パスコードロックの解除が可能です。そのため、パスコードを忘れた際にも対応が可能です。

http://www.atpress.ne.jp/releases/40462/3_3.jpg


【iOS管理機能強化点】
1. パスコードポリシー設定
高度なパスコードの設定(英数文字設定、複合文字の設定、パスコードの長さ、パスコードの有効期限)が可能なため、端末のパスコード管理を徹底することができ、セキュリティを保つことができます。

2. デバイス制御・アプリケーション制御
カメラやFaceTime、画面キャプチャ、Siriなどのデバイス機能を禁止することができます。また、YouTube(iOS 6.0未満)、iTunes Store、Safariのアプリケーションを禁止することもできるため、セキュリティの観点や業務外の使用を抑制し、正しく使用させることができます。
※iPhone構成ユーティリティ(無償)に準拠する。

3. 構成プロファイル配布・削除
Apple社提供の「iPhone構成ユーティリティ」を用いて作成した構成プロファイルの一斉配信・削除ができます。「LanScope An」では、iPhone構成ユーティリティを用いる方式を採用することで、iOSのバージョンアップで新機能が追加された際も、「LanScope An」のバージョンに依存せず、最新機能に対応した構成プロファイルを配信することができます。
また、構成プロファイルを配布することで、Wi-FiやVPNなどのネットワーク設定、電子証明書の配布などを一括で配布・設定可能になり、管理者の工数を大幅に削減することができます。
※iPhone構成ユーティリティ(無償)に準拠する。

4. プロファイル情報一覧
端末にインストールされている構成プロファイル情報を自動で収集します。どの端末にどの構成プロファイルがインストールされているのか、一目で把握することができます。

http://www.atpress.ne.jp/releases/40462/4_4.png


【「LanScope An」概要】
「LanScope An」は、5台から利用できるスマートデバイス管理のクラウドサービスです。スマートデバイスの資産管理、セキュリティと使用状況のログ(通話時間・通話先、アプリ起動・稼働時間、GPS機能・行動ログ)など細かくモニターしレポートすることができます。「LanScope An」を使うことにより迅速な意思決定、情報共有、マネジメント指示に対する結果判断など、高度な経営判断を可能とするシステムとして企業の必需品になると考えます。
※ログ取得については、Androidのみの対応となります。

■対応OS
Android 2.3.3~4.1、iOS 5.0以上

■販売価格
「LanScope An」クライアント(初年度)  :8,000円/1端末(税抜)
「LanScope An」クライアント(次年度以降):1,200円/1端末(税抜)
「LanScope An 地図サービス」利用料   :8,400円/1契約(税抜)
※最小契約数5ライセンス~
※「LanScope An 地図サービス」は、オプションサービスです。
地図サービスを利用することで管理端末の情報を地図上で表示・管理できます。
※ライセンスはAndroid・iOSに共通でお使いいただけます。

■ご購入窓口
「LanScope An」は下記販売代理店様、またはMOTEX Webサイトからご購入いただけます。

<主要販売代理店(順不同)>
ソフトバンクBB株式会社/ダイワボウ情報システム株式会社/株式会社ネットワールド/シネックスインフォテック株式会社
http://www.motex.co.jp/sales/partners.shtml#An

<「LanScope An」購入ガイド>
http://www.motex.co.jp/an/guide/index.html


【会社概要】
MOTEXは、ネットワークシステム管理・ネットワーク情報漏えい対策商品「LanScopeシリーズ」の企画・設計・開発から販売を一貫して行っているメーカーです。MOTEXは、今後もお客様の企業利益を創出するセキュリティ対策をご提案します。

社名  : エムオーテックス株式会社
所在地 : 〒532-0011
      大阪市淀川区西中島5-12-12 エムオーテックス新大阪ビル
代表  : 代表取締役社長 河之口 達也
事業内容: 自社商品“LanScopeシリーズ”の企画・設計・開発・販売
資本金 : 2,000万円
URL   : http://www.motex.co.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

移動履歴リモートロック・ワイププロファイル登録

@Press

トピックスRSS

ランキング