130万DL突破のiOS向け地図ナビアプリケーション「MapFan+」iOS 7での利用者は約80%、iPhone 5s/ 5cは約13%が利用

@Press / 2013年12月12日 15時15分

「MapFan+」ロゴ
インクリメントP株式会社は、10月末時点で130万ダウンロードを突破したiPhone向け地図ナビアプリケーション「MapFan+(マップファンプラス)」について、2013年11月度におけるユーザーの利用端末環境の調査を実施いたしました。

このたびの調査では、2013年11月1日~11月30日の間に「MapFan+」を使用したユーザーのアクセスログから、ユーザーの利用端末機種およびOS環境に関する情報を割り出しました。

■調査結果概要
(1) 最新iOS 7へのアップデート率は約80%
(2) iPhone 5s、5cの利用者が全体の約13%に

■調査結果詳細
(1)最新iOS 7へのアップデート率は約80% 
OS環境に関する調査結果は、最新OSの「iOS 7」が約80%と圧倒的な割合となり、多くのユーザーが「iOS 7」にバージョンアップをしていることがわかりました。この割合は、AppleがApp Storeのデベロッパーサイトにて発表したiOSのバージョン別利用率の最新調査結果 ― iOS 7利用者74%という数字と比較しても高い割合です。

「MapFan+」自体がこれまで最新OSへの対応を迅速に行ってきたことの影響もあってか、「MapFan+」のユーザーは、アップデートを頻繁に行うとされているiOSユーザーの中でも、特にアクティブなユーザーが多いと考えられます。

(2)iPhone 5s、5cの利用者が全体の約13%に
利用端末の比率は、ユーザー数の多い順に、iPhone 5:約40%、iPhone 4s:約17%、iPhone 5s:約11%となり、2013年9月20日発売の新機種であるiPhone 5sが3番手に入りました。

iPhone 5sと同時に発売となった iPhone 5cはまだ2%程ですが、iPhone 5sと合わせると新機種の利用率は13%となり、これはiPhone4sの割合に近づく勢いです。iPhone 5s 、5cともに発売から3ヶ月ほどという期間を考えると、「MapFan+」ユーザーは端末の買い替えを積極的に行う傾向にあるユーザーが多いと考えられます。

なお、iPad系端末(※)利用者の合計比率は約24%で、「MapFan+」はタブレット端末での利用も比較的高いことがわかりました。また、GPSが搭載されていないiPod touchも約4%の利用割合があり、ナビではなく、「地図帳」として利用するユーザーがいることも調査結果として出ています。
(※iPad系端末: iPad/iPad 2/iPad 3rd/iPad 4th/iPad mini)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング